「ありふれた職業で世界最強」の名言まとめました

アニメ「ありふれた職業で世界最強」の名言をまとめていきます。

ありふれた職業で世界最強

1話

「餌だ……狩られるだけの獲物なんだ、僕も」(南雲ハジメ)

 

「僕の左手!? 僕の腕を食べたぁぁぁーーー!!!」(ハジメ)

 

「うん。必ず守るよ、南雲くんを」(白崎香織)

 

「こんな絶望しか無い所で、俺は何を望んでる? 生きて帰ること、家へ。それを邪魔する者は全て敵! そうだ……邪魔する者、理不尽をしいる全てを、俺は……殺す!」(ハジメ)

 

「黙って俺の糧になれ!」(ハジメ)

 

「そうだ、俺は敵だ! ただ狩られるだけの獲物じゃねえぞ!?」(ハジメ)

 

「帰る。絶対に生きて帰るんだ。それを邪魔する者は誰であろうと、どんな存在だろうと、必ず、殺す!」(ハジメ)

2話

「どうかしてた。そんな簡単なわけないじゃない」(八重樫雫)

 

「南雲くんは生きている」
「分かってる、生きている方がおかしいって。でもね、確認するまで可能性はゼロじゃ無い」(香織)

 

「礼なんて言わないで、親友でしょ?」(雫)

 

「もう前のはいらない! ハジメの付けた名前がいい」(ユエ)

 

3話

「そこまで落ちてねえよ。ひどい裏切りを受けたはずのお前が、俺に身を託すっていうんだ。答えなきゃ、男がすたる」(ハジメ)

 

「ハジメ、つらい。私もつらい」(ユエ)

 

「気にするなよ、もうクラスメイトのことはどうでもいいんだ。復讐するつもりも無いしな」
「そんなことより、生きる術を磨くこと、故郷に帰る方法を探すこと。それに全力をそそがないとな」(ハジメ)

 

「食事でも栄養は取れる。でも、血の方が効率的」
「ハジメは、美味。熟成の、味」(ユエ)

 

4話

「よかった。見捨てられたと……また、暗闇に1人で……」(ユエ)

 

「いいか、奴を殺して生き残る。そして地上に出て、故郷に帰るんだ。一緒にな!」(ハジメ)

 

「よく頑張りました」(ユエ)

 

5話

「もう誰も奪わせない。あなたを踏み越えて、私はこの先へ行く!」(香織)

 

「私の居場所はここ、他は知らない」(ユエ)

 

「むしろ見て」「私、好みじゃない?」
「全部ハジメのだから、いっぱい見て!」(ユエ)

 

「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで俺達は最強だ」
「そして全てをなぎ倒して、2人で世界を越えよう!」(ハジメ)

 

6話

「よく寝ぼけたことが言えるな!? お前より遥かにレベルの高いユエの前で!?」(ハジメ)

 

「お祈りは済ませた?」(ユエ)

 

「あんまりです。私の扱い雑じゃないですか~? 待遇の改善を要求します……」(シア・ハウリア)

 

「未来に絶対は無いんですよ、知らないんですか? 一生懸命がんばれば、変えられると、私は信じています」(シア)

7話

「大丈夫。お約束は守られる」(ユエ)

 

「油断大敵、お仕置き3倍」(ユエ)

 

「存分に食らって死ね!」(ハジメ)

 

8話

「俺はあんた達に興味が無い。関わりたいとも関わって欲しいとも思わない。いちいち今までのこととか、これからのこととかを報告するつもりも無い」

「あんたらがどこで何をしようと勝手だが、俺の邪魔だけはしないでくれ。さっきみたいに敵意を持たれちゃ、つい殺しちまいそうになる」(ハジメ)

 

9話

「生き残ったことを喜んで何が悪い? その願いも感情も、当然にして自然にして必然だ! お前は人間として、極めて正しい」(ハジメ)

 

「死んだ奴等のことが気になるのなら、生き続けろ! これから先は、あがいてあがいて生き続けろ!」
「そうすりゃ、いつかは今日生き残った意味があったって、そう思える日が来る、かもしんねえだろ?」(ハジメ)

 

「それに、嘘つきの目がどういうものなのか、私はよく知っている」(ユエ)

 

10話

「それは間違ってます。君の純粋な思いを悪用するような人に、私は大事な生徒を預けるのは嫌です!」(畑山愛子、先生)

 

11話

「まぁ、どんな奴等が現れても、俺がぶっ殺してやるけどな」
「ああ。たとえ神であろうともだ」(ハジメ)

 

「ハジメには、もっともっと大切を増やして欲しいと思う。でも、特別は私だけ。奪えると思うなら、やってみればいい」(ユエ)

 

「まぁ、ケンカを売る気は無い。わらわはご主人様に罵ってもらえれば十分じゃしの」(ティオ・クラルス)

 

「俺も行く。奴等はもう、俺の敵だからな!」(ハジメ)

 

「それでいっそのこと見せしめに、今回かかわった全ての組織を潰してしまおうということになりまして」(シア)

 

12話

「光輝に自覚がなかったのは、私達の落ち度でもある。そのツケを、私が払わせてもらうわ!」(雫)

 

「どこでも同じだよ。それなら……雫ちゃんの側がいいから」(香織)

 

13話

「敵だというなら、俺は神だって殺す。だが、その神に踊らされている程度の奴じゃ、俺には届かない」(ハジメ)

 

「私も、ハジメ君に着いていかせてくれないかな? ううん、絶対着いて行くから!」(香織)

 

「着いて来るといい。私とお前の差を教えてあげる」(ユエ)

 

「大丈夫。私達は最強!」(ユエ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ありふれた職業で世界最強 Blu-ray BOX 1

 

→ありふれた職業で世界最強(南雲ハジメ)
→ありふれた職業で世界最強(ユエ)
→異世界はスマートフォンとともに。
→賢者の孫
→この素晴らしい世界に祝福を!
→慎重勇者
→聖女の魔力は万能です
→戦国小町苦労譚
→盾の勇者の成り上がり
→食べるだけでレベルアップ!
→超人高校生たちは異世界でも余裕で
→出来損ないと呼ばれた元英雄は
→デスマーチからはじまる異世界狂想曲
→転生貴族の異世界冒険録
→転生したらスライムだった件
→ニートだけどハロワにいったら異世界に
→ノーゲーム・ノーライフ
→旗揚!けものみち
→八男って、それはないでしょう!
→本好きの下剋上
→魔王様、リトライ!(アク)
→迷宮ブラックカンパニー
→幼女戦記
→Re:ゼロから始める異世界生活
→私、能力は平均値でって言ったよね!
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました