「まちカドまぞく」吉田優子(シャミ子)の名言・台詞まとめ

アニメ「まちカドまぞく」吉田優子(シャミ子)の名言・台詞をまとめていきます。

まちカドまぞく

1話

「あっ、無理、眠い」

 

「なんか角はえた!? あと尻尾!? はえてる、はえろそってる!? 意思で動く~!?」

 

「あ~、頭が重い。鉄アレイがダブルで付いているようです」

 

「あの、コスプレですか?(コスプレであって下さい)」
「ですよね。片手ダンプですもんね」

 

「これで勝ったと思うなよ! でも助けてくれてありがとうございま~す!」

 

「そんな世界規模の魔法少女だったなんて。町内規模の魔族である私が、そのような高嶺の花を転がせるでしょうか?」

 

「そうでした。この方、片手ダンプでした。最初のハードルがこんなに天空だなんて」

 

2話

「なぜ私は夕陽の河川敷を敵と2人で走っているんですか?」

 

「これは目汁だ、涙では無い!」

 

3話

「不器用なフォローはいりません」

 

4話

「焦げ付き魔族なうえに、雪だる魔族なんて。暑くて寒い」

 

「あれ? 私自身、魔法少女を倒して何がしたいんでしょう? あんまり考えたこと無かったです」

 

5話

「なるはやで借りを返し、封印を解いてこそ、魔族の一歩を歩めるのです」

 

「やっぱり二度見系の格好だった」

 

「うかつでした。うちの場合、家に着いてからも危険がいっぱいだったんでした」

 

6話

「桃、掃除します。強制スッキリ、心の大掃除です。手伝ってください」
(桃の夢に入り子供時代を見る)

 

「脱いでないです。危機管理です!」

 

「露出魔じゃないです。戦闘フォームです」

 

「ワクワクしてきた、まだ帰りません。今日は勝てる戦です」

 

「大丈夫! 本当にダメな食材は、口に入れると痺れるか、喉が本能的にえずくので。それ以外のものは、食べられるものです」

 

「自分のダメな所が人にバレるのを怖がっていたら、いつまで経っても前に進めません。私もいろいろやっていますが、ちょっとずつでも前に進んでいるつもりです」

 

7話

「おいしい、すっごくおいしいです。頑張ってよかった。これから私、お好み焼きって言葉を思い出すだけで、大きな山を越えられそうです」

 

8話

「とっさに変身できてしまった。もしかして、これが桃との修行の成果? でもでも、ここからの引き出しがゼロです!」

 

「最近の桃は、以前にも増してグイグイ系に見えます」

 

9話

「血で血を洗う戦いと、さわやかな勝負は別カテゴリーです!」

 

「頭にプロテインとささみが詰まっている訳では無かったんですね」

 

「お世辞なんかじゃないですよ。ご先祖は私にとって、世界一の貴重品です」

 

「違うんです。私、感動して。ゾンビさんも幽霊さんも、たとえモツがはみ出ても、圧倒的ヒーローを前にすごく頑張っていて……」

10話

「最近、必殺技に興奮する自分に気づいたんです!」

 

「私が至らないばかりに、こんな面白い外見にしてしまってごめんなさい」

 

11話

「ピンチは乗り切れたけど……なにこれ? シュールな夢を製造してしまいました」

 

「桃。オブラートを諦めないで」

 

12話

「お母さん私、桃を追いかけます。1人で悩むなんて許しません。桃は初めて会った時から私の宿敵です。私が勝つその日まで、地の果てまで追いかけてやる」

 

「桃は私の宿敵です。仲良くする理由が無くても一緒にいていいはずです」

 

「完全に取り戻せなかったら諦めて撤収するんですか?」

 

「強くなって、もっといっぱい動けるようになって、全部欲しいものを取り戻せるだけ取り戻す。魔族らしく、欲張りに生きるのだ!」

 

まちカドまぞく(2期)

1話

「よく来たな、千代田桃。今日が貴様の闇落ち記念日、お楽しみはこれからだ!」

 

「ミストレスってそんな(女帝って)意味もあるんですか? こっパズです」

 

「どことは? あえて言うなら魔族の未来です」

 

「(決闘に)計画が必要なんですか? 始まったら後は流れで適当にって思ってました」

 

「その棒にそんな機能が!? ハートフルピーチモーフィングステッキ、ワクワクする名前です」

 

「私も説明しててグルグルしてきました」

 

「桃よ、長きに渡る観察の末、貴様の弱点を一つだけ見つけたぞ。貴様はなんでも1人でいい感じにしようとしすぎなのだ」

「根本的なところでもう少し人を信じないと、いつか魔族が付け入るぞ」

 

「私、牛すき焼きって初めて食べま……」
「はっ、すみません。キャパ以上の旨味で変な感じに!?」

 

2話

「制服は服を選ばなくていいので楽ちんですよ。生地も良くて過ごしやすいんです」

 

「もっと詳しくだ!」
「すみません。なんかワクワクする単語がいっぱい出てきて!」(シャミ子)

 

「桃……強い武器は重い……」

 

「桃の笑顔が見てみたい。笑ったらかわいいだろうな?」
「これは個人的な興味とかではなく、眷属を笑顔するのも魔族の努めな気がする。そんな気がする!」

 

3話

「私の知らない桃がインターネットに転がっている。それを見つければ、労せずして桃のツボが分かる。つまり、桃の笑顔に一歩近づける」

 

「呪文ですか!? アプリケーションってなんだ!? 秋の味覚か! 説明書を読むための説明書を付けておけ!」

 

「桃の気持ちは分かりづらい! ちゃんと言葉で言ってくれないと分からん!」

 

4話

「夏休みが始まってまだ数日なのに、いろいろあってなんかすっごく時間が経ったみたいな気がする」

 

「私の今の、最重要事項……」
「そーだ。私の使命は、桃をニコニコ笑顔にすること!」

 

7話

「こんなに夏っぽいアイテムで武装してるのに、何かが虚しい。なぜだ?」
「闇の一族は夏と相性が悪いのか!?」

 

「待て!」
「貴様ら夏から逃げる気か!? 光属性のくせに!」

 

8話

「現実に出せるのは涙くらいです」

 

9話

「えっ、えっ、えっーー!! パニックなんですけど!? 一旦、お腹を触ってもいいですか?」

 

「か…勝った! 弱点は最後まで分からなかったけど勝ちました!」

 

10話

「この家すき間多いので、小さな生き物は慣れちゃうんです。○○は攻撃力がないので怖くない、なんなら桃の方が怖い!」

 

「やっつけちゃうんですか? 生まれただけで、出てきただけで叩かれるなんて…魔族みたいでかわいそう」

 

11話

「私に(基準を)合わせると体育祭がヌルゲーになってしまいます!」

 

「弱くても、頭が悪くても、センスがなくても、この街で私にしか出来ないことがある!」

 

12話

「(大丈夫?)気休めです」

 

「待て待て待て! その結末はダメです! 消えるなんて絶対ダメ!」
「ありがとうと言われるのが好きなくせに、心がないとは何事だ!」

 

「後から考えると行き当たりばったり過ぎて尻尾の毛がよだちます」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
まちカドまぞく 1-6巻セット (コミック)

 

→まちカドまぞく
→まちカドまぞく(2期)
→まちカドまぞく(千代田桃)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました