「ダンまち」春姫&アイシャの名言まとめました

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」サンジョウノ・春姫(黒色)&アイシャ・ベルカ(青色)の名言をまとめていきます。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ

6話

「一夜限りの出会いでしょうが、春姫はクラネル様のお力になりとうございます」

 

「わたくしも本の世界のように、英雄様に手を引かれ、憧れた世界に連れ出されてみたい。なんて、ただのはしたない夢物語でございます」

「連れ出されてもらえる資格は、わたくしにはございません」

 

「英雄にとって、娼婦は破滅の象徴です。穢れていると自覚したあの日から、わたくしにあの美しい物語を読む資格はございません。憧れを抱くことは許されません」

「わたくしは、ただの娼婦なのです」

7話

「恨むなら、気まぐれな女神様を恨みな! 女神様の目に止まっちまった自分を呪うんだね」

 

8話

「わたくしはもういいのです」
「お2人を逃がすのは、わたくしの最後のわがまま。アイシャさん達も、大目に見てくれます」

 

「わたくしは、春姫は幸せです。命様に、あなた様に、そこまで思って頂けるなんて。そのお言葉を聞けて、もう思い残すことはありません」

 

「言うじゃないか。こいつを奪ってくかい? なら戦争だね、お前らのファミリアとも!」

 

「結局ただの同情ってことか? ならなぜ動かない! ファミリアが大事か? 戦争になるのが怖いか? それでこいつを救えるのか?」

「お前はこの子のために全てを投げ出せない」

 

9話

「いや来るさ。雄の顔はしていなくても、あいつは諦めの悪い冒険者だ」

 

「あの子に助けてって言えばいいの? こんな穢れた身体で、側に置いて下さいとすがればいいの? あの子が危なくなるって分かってるのに、私には出来ない、出来ないよ!」

 

10話

「もう身体を売りたくない、誰も傷つけたくない、死にたくない。助けて!」

 

「構えな。男が女を連れ去っていく時は、力ずくと決まっているのさ」

 

「バカだねぇ。レベルブーストが切れるのを待つなんて。だが、嫌いじゃないよ!」

 

「ありがとう……ありがとう、英雄さま」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか Blu-ray
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ Vol.1 [Blu-ray]

 

→ダンまち
→ダンまちⅡ
→ダンまちーオリオンの矢ー
→ダンまち(ベル)
→ダンまち(ヘスティア)
→ダンまち(リリ)
→ダンまち(ヴェルフ)
→ダンまち(リュー)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました