「ささやくように恋を唄う」の名言・台詞まとめました

マンガ「ささやくように恋を唄う」の名言・台詞をまとめていきます。

ささやくように恋を唄う

1巻

「その日、私は──先輩に一目ボレをした」(木野ひまり)

 

「あのさっ。わたしも一目ボレなんだよね」(朝凪依)
「先輩も一目ボレ……ってことは。それってつまり、先輩もボーカルに一目ボレしてバンドを始めたってことですか!? すごーい、一目ボレ仲間だ」(ひまり)
(お互いの一目ボレがすれ違う)

 

「わかったよ。もっとホレさせるから覚悟してね」(依)

 

「恋とか愛とか全然興味なくて、あたしにはずっと歌だけだった。だから自分が誰かを好きになるなんて想像もできなかった。その日までは──」(依)

 

「恋愛ソング……恋愛ソングねぇ。会いたくてふるえるとか? 好きって気持ちがあふれてくるとか? まっったく分からん」(依)

 

「ダメだ……あたしはこの恋──どうやらあきらめられそうにない」(依)

 

「まあ知ってたんだけどね……面白いからあえて言わんかった」(水口亜季)

 

「だって仕方ないじゃないですかー。私、先輩の歌、すっごく好きなんですもん」(ひまり)

 

「全然私は平気なんですけど。平気なんですけど、その、なんか……依先輩にされると、なんか照れちゃいます」(ひまり)

 

「かわいいの暴力」(依)

 

「私はすっごくわがままなので、どっちの依先輩も見たいんです」(ひまり)

 

「木野さんとつき合ったら、毎日幸せだろうな」
「あたしは木野さんと本気でつき合いたいと思ってる」(依)

 

「どうしよう……たぶん私の好きは先輩のと違う」(ひまり)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ささやくように恋を唄う(1)

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました