「デカダンス」の名言まとめました

アニメ「デカダンス」の名言をまとめていきます。

デカダンス

1話

「だから、私はナツメに生きてて欲しい」(フェイ)

 

「決まってるじゃないですか! 戦いを終わらせるために、頑張りたいんです」(ナツメ)

 

「無駄だな」
「かの力にはタンカーの戦士も所属してるが、200人にも満たぬし、何よりガドルとの戦いは終わらない。無駄死にするよりギアに尽くした方が効率がいい」(カブラギ)

 

「でも、それじゃいつまでたっても何も変わらないじゃないですか」(ナツメ)

 

「ガドルは親の仇なんだろ?」(カブラギ)
「う~ん。でも、この子は違います」(ナツメ)

 

「やっぱり納得いきません。この前いいましたよね、何も望むなって。組長の言う通りなのかもしれませんけど……でもあたしにとっては、そんなの死んでるのと同じです」(ナツメ)

 

2話

「これが戦場だ。戦士になりたいって考えは変わったか?」(カブラギ)

 

「本物ノ死《刺激》ガ、ココニアル」

 

「世界にバグは不要です」(フギン)

 

「死ぬのも諦めるのも嫌です!」(ナツメ)

 

「俺はもう終わったんだ。死ぬまで同じ毎日を過ごすしかない」
「それも後少しだがな」(カブラギ)

 

「そうだな。この世界でバグがどうやって生きていくのか、確かめたくなったんだ」(カブラギ)

 

「世界にバグが不要なら、あいつには何の価値も無いことになる。だがあの時、俺は、確かに、救われたんだ」(カブラギ)

 

3話

「気持ち悪いです」「今のは、ただの、感想です」(ナツメ)

 

「助けてもらったのにな~、なんて……ちょっと薄情ですかね?」(ナツメ)

 

「そいつは弱みなんかじゃない。お前の武器だ」(カブラギ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
デカダンス Blu-ray BOX 上巻

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました