「デカダンス」の名言まとめました

アニメ「デカダンス」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

デカダンス

1話

「だから、私はナツメに生きてて欲しい」(フェイ)

 

「決まってるじゃないですか! 戦いを終わらせるために、頑張りたいんです」(ナツメ)

 

「無駄だな」
「かの力にはタンカーの戦士も所属してるが、200人にも満たぬし、何よりガドルとの戦いは終わらない。無駄死にするよりギアに尽くした方が効率がいい」(カブラギ)

 

「でも、それじゃいつまでたっても何も変わらないじゃないですか」(ナツメ)

 

「ガドルは親の仇なんだろ?」(カブラギ)
「う~ん。でも、この子は違います」(ナツメ)

 

「やっぱり納得いきません。この前いいましたよね、何も望むなって。組長の言う通りなのかもしれませんけど……でもあたしにとっては、そんなの死んでるのと同じです」(ナツメ)

2話

「これが戦場だ。戦士になりたいって考えは変わったか?」(カブラギ)

 

「本物ノ死《刺激》ガ、ココニアル」

 

「世界にバグは不要です」(フギン)

 

「死ぬのも諦めるのも嫌です!」(ナツメ)

 

「俺はもう終わったんだ。死ぬまで同じ毎日を過ごすしかない」
「それも後少しだがな」(カブラギ)

 

「そうだな。この世界でバグがどうやって生きていくのか、確かめたくなったんだ」(カブラギ)

 

「世界にバグが不要なら、あいつには何の価値も無いことになる。だがあの時、俺は、確かに、救われたんだ」(カブラギ)

 

3話

「気持ち悪いです」「今のは、ただの、感想です」(ナツメ)

 

「助けてもらったのにな~、なんて……ちょっと薄情ですかね?」(ナツメ)

 

「そいつは弱みなんかじゃない。お前の武器だ」(カブラギ)

 

4話

「戦う意志を持つ者を、拒むことはしない。ようこそ、かの力へ」(クレナイ)

 

「死ぬなよ」(カブラギ)

 

「誰にも、変えられないんだ……」(カブラギ)

 

「あたしがどう生きるかは、あたしが決める!」(ナツメ)

 

「世界を変えたかったんじゃない。あたし、ホントは自分を変えたかったんです。嫌なんです、今の自分、自信持ちたくて。だからあの、それがあたしの戦う理由です!」(ナツメ)

5話

「私、決めたんです。ギリッギリの限界まで、あがいてやるって!」(ナツメ)

 

「予定が狂ってな、死なせるわけにはいかなくなった」
「俺が逃げればあいつが死ぬ」(カブラギ)

 

「あいつはバグだったんだ。それでも世界にあらがい、生き延びて、望むものをつかんだ。俺と違ってな!」(カブラギ)

 

「世界にバグは、必要だ」(カブラギ)

 

6話

「確かに何の希望も無いが、ただ俺は限界まであがいてるだけだ」
「それにここで諦めると、怒られるしな」(カブラギ)

 

「今更なんて言葉は、俺達には必要ない」(カブラギ)

 

「俺に賭けられるものがあるなら、何でも賭けてやるよ」(カブラギ)

 

「さあな。ただあいつなら、こうしただろうと思っただけだ」(カブラギ)

 

7話

「無理かもしれない、怖いかもしれない。でも、何もしないで諦めたくない」(ナツメ)

 

「あたしは、変われたよ。あたし、本当は自分を変えたかったんだよ。弱くて、何も出来ない自分を。だから戦士になったの」(ナツメ)

 

「組長が言った通り、この世界はホントに平和なんかなんないのかも?」
「だから……だから、私が頑張んないとって……あたしが、あたしがもっと役に立たなきゃ、なんですよね」(ナツメ)

 

「俺が全部ぶっ壊してやる!」(カブラギ)

 

8話

「狂ってるのは、システムだってことに気づいただけだ。どうせなら自分勝手にやらせてもらう」(カブラギ)

 

「自分勝手の何が悪い。システムが自由を奪うっていうなら、俺がそれを壊すだけだ」(カブラギ)

 

「ただの、バグですよ」(ジル)

 

「組長、ズルいです。何で一緒に来てくれって言わないんですか?」(ナツメ)

 

「ともかく、そこがどれだけ危険でも、そこに何があっても、私にしか出来ないことなら行きますよ」
「一緒に行きましょう、組長」(ナツメ)

9話

「必ずこの地獄を終わらせてくる、だから生きて待ってろ。お前は俺が知る限り、最強のいい女だ」(カブラギ)

 

「それより、その人間は真実の一端を見るんです。正気でいられますかね~?」(ジル)

 

「いいか。ガドルを殲滅するには、お前と俺が目的の場所に着かなきゃいけない。余計なことは考えるな。必ず生きて目的を遂げることだけ考えろ」(カブラギ)

 

「俺はただ、限界まであがくだけだ」(カブラギ)

 

「ナツメ。この世界は全部、ガドルも、この体でさえ、作り物なんだ」(カブラギ)

 

10話

「俺達は夢を見ない、お前達とは違う」(カブラギ)

 

「私……世界を変えたかったんじゃない、自信を持ちたかったんです。自分が頑張って強くなれば、変わるかもしれないって。でも、バカみたい……」

「こんなことなら、何も知りたくなかった。何も変わらなくてよかった。あなたのこと、信じなければよかった」(ナツメ)

 

「あんたが見て・聞いて・感じたことは、あんたしか分からない。誰かの意見は関係ないよ。それはあんたのもの。大事にしてあげな」(クレナイ)

 

「俺はこれから、世界のルールを壊すために行動しようと思う。せめてそれが、俺に出来る償いだと思っている。お前は自分の思う通りに生きてくれ。お前は大丈夫だ」(カブラギ)

 

「ショックでした、ずっと騙されていたなんて。でも、組長と一緒に過ごしたこと、戦ったこと、してきたことは嘘じゃない。自分で決めること、なんですよね」

「だから私は、私の知っている組長を、信じることにしました」(ナツメ)

 

11話

「こうやってまた新たなバグが生まれる。全てを管理するなんて、傲慢な考えなんですよ」(ジル)

 

「あくまで我社は合理的な判断をさせていただきます。システムさえ健在であれば、再生は可能なのです」(ムニン)

 

「逃げてどうする? その先に何があるんだ?」(カブラギ)

 

「間違いかもしれない。けどな、きっとそれが正しいんだ」(カブラギ)

 

12話

「組長っていつもこうですよね」
「いいかげんにしろってくらい自分勝手です」(ナツメ)

 

「怖いのか、変えられるのが?」
「俺は、俺の意思で限界まであがくだけだ。システムの都合なんか関係ない」(カブラギ)

 

「システムが誰かを救うことは無い。ただ、物事の結果を受けて変わっていくだけのものに過ぎない。生きるというのが、どういうことなのか、そこで黙って見てろ!」(カブラギ)

 

「ナツメ、うるさいんだよ、お前は。前に言っただろ。俺が、全部ぶっこわすってなぁ!!!」(カブラギ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
デカダンス Blu-ray BOX 上巻

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました