「ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた」の名言まとめました

マンガ「ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた」の名言をまとめていきます。

ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

1巻

「……俺はさっきまでニートだったんだ。技術が優秀になっても体力が、身体がついていけないんだッ!!」(山野マサル)

 

「私たちは神に仕える身だけど、信仰や善意でお腹は膨れなくてね。ほんのちょ~っぴり、気持ちが欲しいなぁって♡」(アンジェラ)

 

「神殿は格安でやっているけれど孤児達もいるし、経済的な理由で回復してあげられない人が大勢いる」

「たとえ回復できたとしても──分かるでしょ? 問題はそこじゃない」(アンジェラ)

 

「問題はそこじゃない。貧困は魔法じゃ治らない」(マサル)

 

「気に病む事なんて何もないんだよッ」
「マサルがいたから救われた人がいるのッ」(アンジェラ)

 

「私は自分の力に誇りを持ってるわ。自分にしかできない事があるというのは、責任もあるけど素晴らしい事よ。だからマサルも、自分の事もっと誇りに思いなさいッ!」(エリザベス)

 

「魔法使いは強敵を前に怯まない事! 戦士と変わらないわ、大事なのは度胸ッ!」(エリザベス)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

1巻は「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年7月27日現在)

アマゾンリンク
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた1

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました