「かぐや様は告らせたい?(2期)」の名言まとめました

アニメ「かぐや様は告らせたい?(2期)」の名言をまとめていきます。

かぐや様は告らせたい?(2期)

1話

「早坂、アクシデントが発生したわ。会長が、肩に!!」(四宮かぐや)

 

「会長~。全然まあまあな顔してませんよ。こんなに順調でいいのって顔ですよ、これ!」
「まさかとは思いますが、この人相談風自慢しにきてるんじゃないですか?」(石上優)

 

「会長~。もうこいつ行くとこまで行ってるんじゃないです!?」
「いやもう神ってる。神っちゃってますよ、この感じ!」(石上)

 

「君ってホントはいい人だったんだね。ごめんね今まで正論で殴るDV男とか思っちゃって」(藤原千花)

 

「そうよね、私は間違ってないわ。なのに何なの、この虚しさは。老後になっても独身で、お金はあるけど幸せはない。私の人生って、何なのかしら?」(かぐや)

 

「このフォーチュンテラー・千花が、かぐやさんを占ってしんぜます!」(千花)

 

「献身? 慈愛? 知らない人ですね。強欲と自己愛の間違いじゃ?」(かぐや)

 

「伝わらないもんだな」(白銀御行)

2話

「下の名前を敬称も付けずに呼ぶなんて生まれて初めて。でも、これは大きな進展」(かぐや)

 

「兄とはそんなに仲良くないですよ」
「だってバカだしキモいし、すぐしょうもない嘘つくし、脱いだ服裏返したままだし」(白銀圭)

 

「いい話じゃないですか~!! なんだ、家ではひどいっていうから何かと思えばいつもの会長じゃないですか。ちょっと不安になりましたよ、もう!」(かぐや)

 

「はい。でも、これが一番いい使い方でしょう」(圭)

 

「ゲス……この女はやはり何の躊躇もなく男に体を預ける性欲の結晶。男を食い物としか見ていないゲスの女なんだわ」(かぐや)
(圭に抱きつく千花を見て)

 

「昔はこんなにアホじゃなかったのに」(早坂愛)

 

「いないわ! 会長より格好いい人なんて、この世にいないから!」(アホかぐや、脳内)

 

「だが、そもそもこれは四宮が贈ってくれたプレゼント。その善意につけこんで、四宮を追い詰めていいのか? いや、そんなのは俺のやり方ではない」(御行)

 

「俺のやり方はぬるかった。戦に甘えは禁物。獅子は兎を狩るにも全力を尽くす。お前がそう来るなら、徹底的にやってやる!」(御行)

 

3話

「今夜は中秋の名月。こんな日に夜空を見上げないなど、人生の損失だぞ」(御行)

 

「興味あるのか?」
「じゃあもっとこっちに来い」(御行)

 

「なんなの!? なんなのなんなのこの人!? これ、結構アウトじゃない!!?」
「でも、こんなにキラキラした目で語られたら何も言えない!!!」(かぐや)

 

「月といえばかぐや姫だよな。同じ名前だし、思い入れもあるんじゃないか?」(御行)

「もちろんです。夜空を見上げれば、愛する人を残し、月に連れ返された女の物語を思わずにはいられません。だからこそ、月は嫌い」(かぐや)

 

「ひどい話だ。俺なら絶対、かぐやを手放したりしないのに。俺なら月まで行って奪い返す」

「絶対に、何十年、何百年かかろうと。これが俺達の物語だったら、言葉の裏をこれでもかと読んで、あんな結末にはならないだろうにな」(御行)

 

「もう止めてって言ってるでしょう!! 恥ずかしいの!!!」
「花火大会の時といい、よくそんなこと真顔で言えますね! 私を殺す気ですか!!!」(かぐや)

 

「本当に……本当に、この一年は一瞬、でした」(かぐや)

 

「これまでの日々は終わり。毎日、夢を見ていたと思えばいい」(かぐや)

 

「おつかれさまでした、白銀さん」「やっぱりこの呼び方、口馴染みが悪いですよ」
「わがまま、言っちゃダメですか?」

「一生に一度のわがままです。私は……会長は、会長がいい」(かぐや)

 

「だけど、一生に一度、根性見せる時が来てしまったみたいで」(御行)

4話

「はいはい。お見舞い・花火大会・誕生日・月見。これだけイベントが合って進展が無いって、どういうことですか?」

「あ~もう本当にダメダメですね。どうしてここまで下手を打てるんでしょう?」(早坂)

 

「実際にやってみれば私の苦労も分かるってものですよ!!!」(かぐや)
「かぐや様がやれっていうならやりますよ」(早坂)

 

「10時間! お前も茨の道を歩んでるのか!?」(御行)

 

「いや、無防備な女の子を放って帰る訳にはいかんだろ。勉強疲れは努力の証だ」(御行)

 

「お願い、早坂。私が悪かったからもう止め……」(かぐや)
「ゴメン。俺、好きな人がいるから」(御行)

 

「何だかギャラリーが多いみたいだが?」(御行)
「そうみたいですね。でも、私は気にしません」(かぐや)

 

「会長! 私じゃなくてかぐやさんを選んだんでしょ! だったらもっとしっかりして下さいよ!」(千花)
「お前これ以上、状況をややこしくするな!」(御行)

 

「もう、いいんじゃないか? 四宮かぐやを告らせたい、俺はずっとそう考えていた」

「これはプライドの問題だ。身分の違う四宮と対等に付き合うには、向こうから告白され、求められる側になる必要があると思っていた」

「でも俺は、もう言い訳が出来ないほどに、四宮のことが……」(御行)

 

「まったく、仕方のない人。いいですか、会長。私は会長の願いにはちゃんとこう答えるんですから。演説のお願いだろうと、何だろうと……はい、よろこんで」(かぐや)

 

「クラスメイトの名前も覚えてない僕に聞きます?」(石上)

 

「私達は、この秀知院がより健全で尊いものになるよう努力を重ねているだけです。その思いを、選挙活動を通して生徒達に伝えたい」(伊井野ミコ)

 

「ダメだ、この人達。言ってることが完全に悪役側!」(千花)

 

「理想なき思想に、意味なんて無いというのに」(ミコ)

 

「いいえ。論理的に考えて藤原さんは副会長に相応しいでしょう」(大仏こばち)
「あなた達こそ、藤原先輩の何を知ってるんですか!? 藤原先輩ほど立派な方がいますか!?」(ミコ)

 

「もっと褒めて~」
「引退して以来、過去の人扱いされてたから嬉しいよ」(千花)

 

5話

「なあ、四宮は俺のことどう思っている?」(御行)
「真面目で面倒見がよく、生徒会長に適した人格だと思いますよ。後、近いです」(かぐや)

 

「本物の愛とか言い出しちゃった!?」
「私はあなた達の甘酸っぱい初恋を受け止めきれるほどピュアじゃないんですよ!」(柏木渚)

 

「脳がかゆくなる」(渚)

 

「何の話してるんですか? 何だか本物の愛とか、面白ワードが聞こえてきたのですが?」(千花)

 

「そんなの簡単ですよ。本物の愛ってのは、美女と野獣みたいに外見にとらわれない愛の形です。相手の姿が変わったくらいで冷めちゃう愛なんて、最低! 偽物ですよ!」(千花)

「考えうる限り最悪の答え!」(渚)

 

「本物の愛? もう少し現実を見ましょうよ。この現代社会、誰も打算なしに人を愛することなんて出来ないでしょう」

「全くバカみたいですよ。おのおのが胸に抱いた等身大の愛。それこそが本物の愛だって、なぜ気づかないんですか?」(石上)

 

「吐きそう! 以前のは一周してなまこの内蔵みたいな良さは合ったんですが、今のは生半可に音を拾ってる分、普通にジャイアンって感じで最悪です!」(千花)

 

「たまにいるんですよね。清廉潔白な仕事に、命を賭ける人種。飛び道具は使えないかもしれません」(早坂)

「だとしても、問題はありません。出会ってきた悪人の数が違います」(かぐや)

 

「結構です。あなたからは、目的のためなら手段を選ばない人特有の匂いがします。その紅茶はいただけません」(ミコ)

 

「どんな汚い人間にも屈することなく正義を貫いてきた両親を、私は尊敬しています」(ミコ)

6話

「会長の成果をそれっぽく演出してみせただけですよ。大事なのは、積み重ねと伝え方です」
「僕が言い出したことですし。伊井野ミコに徹底的に勝つって」(石上)

 

「でも……でもイラつくんすよ。頑張ってる奴が笑われるのは! だから僕は」(石上)

 

「任せろ。伊井野ミコを笑わせない勝ち方をすればいいんだな」(御行)

 

「ミコちゃんは真面目なだけで、強くなんて無いのに、誰も分かってくれない。ミコちゃんは正しくありたいだけなのに、どうしてそんな目で見るの?」

そんな目で見られたら、誰だって怖いんだよ」(大仏)

 

「反論があるなら俺の目を見て話すことだ」
「ん、言ってみ」(御行)

 

「格好いいでしょ、坊主頭は! 一周しておしゃれでしょ! あのクリクリはキュンキュンします!」(ミコ)

 

「理想は実現できます!」(ミコ)

 

「選ばれないかもって結構不安になるもんですね。性格に難ありますから、僕は」(石上)
「禿同(I agree)!!」(千花)

 

「会長は、私のこと好きなんだと思ってた。私が特別だから優しくするんだって」

「だけど、会長は誰にでも優しくて、誰にでも救いの手を差し伸べるのよ。私が特別な訳じゃなかった……」(かぐや)

 

「四宮、副会長になってくれ。俺にはお前が必要だ!」(御行)

 

「かぐや様。それ特別扱いですよ」(早坂)

 

7話

「罵倒にキレがありませんよ~! ボンコメ~! いつもの言葉のナイフはどこ行っちゃったんですか~?」(千花)

 

「確かめたい! どうにかして会長のパ◯ツを見なければ!!」(かぐや)

 

「もう素直に聞いてみましょうかしら? 策をこねくり回すから変態っぽいのよ」(かぐや)

 

「エ◯さはないが、俺が選んだパ◯ツを四宮がはくという事実で充分ワクワクする」(御行)

 

「いい人なのかもと思っていたのに……ケダモノ」(ミコ)

 

「いいものですね。みなさんはご両親の肩たたき等をしてたのかもしれませんが、私はそういうの無かったんで」(かぐや)

 

「神聖な生徒会室で……やっ、ケダモノ!」
「私、素人ですから。足でまといになるだけですので!」(ミコ)

 

「恋したくなったでしょ?」(圭)
「めっちゃ恋したいわぁぁぁーーー!!!」(御行)

 

「明日うっかり四宮に告ってしまいそうなほどの、恋したいテンションになってしまった!」(御行)

 

「泣けちゃう~!」「キラキラな恋、したくなっちゃったぁぁぁーーー!!!」
「ああ、どっかに出会いないかな?」(石上)

 

「ここから恋バナの匂いがします!」(千花)

 

8話

「藤原先輩を少しは見習って下さい!!」(ミコ)

 

「見えますよ! 愛が少々、行き過ぎてます!」(ミコ)
「行き過ぎの愛だなんて、やっぱりいい子だわ!」(かぐや)

 

「うるさい。石上に言われたくない」(ミコ)

 

「時に厳しく、時に優しく、人を叱るのもメリハリが大事なんだよ!」(千花)

 

「あいつ、後輩で遊び始めたぞ」(御行)
「新しいおもちゃを買ってもらった時の顔してますね」(かぐや)

 

「あ~全然ダメ! かわいさを捨てきれない女子アナですか?」(千花)

 

「怖い。けど……今……目をつぶったら、どうなるの?」(かぐや)

 

「クズめ!」(ミコ)

 

「確かに多少は嬉しかったですが、それで倒れるなんて、私は会長のこと死ぬほど大好きってことになるじゃない!?」(かぐや)

 

「止めて! 最先端技術を使って、主人の気持ちを暴くのは、もう止めて!」(早坂)

 

9話

「本当に想像力豊かね。後そのストーリーに石上も入れてあげなよ」(大仏)
「石上のことなんて考えるだけ人生の損失よ」(ミコ)

 

「私だって逃げたくて逃げてる訳じゃないのよ! でも、会長の顔を見ると体育倉庫の件を思い出しちゃって、頭がグワングワンするの!!」(かぐや)

 

「これを会得すれば、かぐや様にとって強力な武器になるでしょう。正直、何と戦っているのか分かりませんが」(早坂)

 

「論理展開が間違っていた。応援団に入ればリア充になるのではなく、リア充しか応援団に入らないのだ」(石上)

 

「まあ後輩をかわいがるのは構わんけどさ。ちょっと距離近くない? いや別に嫉妬してるとかじゃ無いけど」(御行)

 

10話

「え、なにこれ? 花占い? キモいんですけど?」(圭)

 

「嘘つき! また私に嘘を、嘘をつきましたね!!」
「会長の踊りじゃありません! 太鼓の音に合わせてもがき苦しむ人です! こっちはエクソシスト気分でしたよ!!」(千花)

 

「とまあ、清く正しい学園生活をサポートするのが、風紀委員の仕事という訳なのです」(大仏)

 

「世の中意外と打算なしに動いていることも多いと気づき初めて。見える景色が、少しだけ変わったんです。だから、会長には感謝しているんです」(かぐや)

 

11話

「やっぱり応援団に入ってみてよかった……かもしれない。いい加減、僕は前を向きたい。失敗を悔やんで後悔を積み重ねるより、もう少し心踊る生き方を……」(石上)

 

「正しい正しくないを論じるつもりはない。もっとスマートなやり方があったのは事実だ。だが、目的は達成している」(御行)

 

「だとしたら、お前が書くべき反省文は、こうだろ!」
「うるせえ、バァカ!!」(御行)

 

「よく耐えたな。お前は、おかしくなんて無い」(御行)

 

「うるせえ、バーカ」

「悪いけど大友、もう後ろだけ見るのは止める、振り払っていく。ここで勝って、証明してみせる。僕はこれでいいんだと。僕はおかしくないと」(石上)

 

「見ようとしてなかったのは僕だ。ちゃんと見るだけで、こんなに風景は変わるのか」(石上)

 

「何も知らずに、幸せな子」

「分かってるわよ。あの笑顔こそ、石上くんが守ったものなんでしょ。全く、得のないことをしたがる子よね。ホント、かわいい後輩だわ」(かぐや)

 

12話

「こうしている時、私は少しだけ、どこにでもいる少女に、なれた気がした」(かぐや)

 

「集合写真……そういえば私、その手の写真を撮ったこと、一度もありませんね。うらやましいな……」(かぐや)

 

「写真ごときで、何を泣いてるの? 私、こんなに女々しかったのね……」(かぐや)

 

「すごい量ですね」
「前の携帯が壊れた時、全部なくしてしまったと思ってたのに……かえって前より、いっぱいになってしまいました」(かぐや)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
かぐや様は告らせたい? 1 [Blu-ray]

 

→かぐや様は告らせたい
→かぐや様は告らせたい(四宮かぐや)
→かぐや様は告らせたい(白銀御行)
→かぐや様は告らせたい(藤原千花)
→かぐや様は告らせたい(石上優)
→かぐや様は告らせたい(早坂愛)
→かぐや様は告らせたい(柏木渚)
→かぐや様は告らせたい(白銀圭)
→かぐや様は告らせたい(伊井野ミコ)
→かぐや様は告らせたい(大仏こばち)
→宇崎ちゃんは遊びたい!
→彼女、お借りします
→からかい上手の高木さん
→寄宿学校のジュリエット
→五等分の花嫁
→事情を知らない転校生がグイグイくる
→中二病でも恋がしたい!
→とらドラ!
→理系が恋に落ちたので証明してみた。
→ヲタクに恋は難しい
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました