「喰霊-零-」諫山冥の名言まとめました

アニメ「喰霊-零-」諫山冥の名言をまとめていきます。

喰霊-零-

5話

「たとえわたくしが家督を継いでも、万が一お務めで命を落とすようなことになれば、結局、家督は黄泉さんのもの。反対に、黄泉さんが死んだら、わたくしが継ぐかもしれないのですよ」

「そう、早いか遅いかでしか無いんです」

 

6話

「戦いを拝見しました。無駄が多いようですね。山彦が複数で行動する習性があるのは、分かっていること」

「もっと考えれば、街の被害も抑えられたかもしれません。より精進を」

 

「霊獣を相続する家系にあるからといって、継承する資格があるとは限りませんよ」

 

「ごきげんよう」

 

「この霊気の乱れ。何か、強い霊力が移動している? 雑魚の相手など、彼等に任せておくか」

 

8話

「素晴らしい。この力がわたくしのもの」

「心のおもむくままに生きるのは、なんて気持ちがいいのかしら。この力があれば、何を望み何をしようと誰もわたくしに逆らえぬ」

 

「わたくしの望み、教えてあげましょうか。それは黄泉、あなたを殺すことよ」

 

「ねっ、気持ちいいでしょ。憎しみをぶつけるのって」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
「喰霊-零-」Blu-ray BOX

 

→喰霊-零-
→喰霊-零-(土宮神楽)
→喰霊-零-(諫山黄泉)
→喰霊-零-(三途河カズヒロ)
→喰霊-零-(土宮雅楽)
→喰霊-零-(神宮寺菖蒲)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました