「喰霊-零-」諫山黄泉の名言まとめました

アニメ「喰霊-零-」諫山黄泉の名言をまとめていきます。

喰霊-零-

1話

「諦めてって、言ったでしょ?」

 

2話

「ハッロー、神楽」

 

「抜かないの、神楽。なら、抜かせてあげる!」

 

「強くなったわね、神楽、本当に強く。やっぱり、私とは違うわね。私なんかいくら頑張っても、神楽には敵わない」

 

「斬りなさい。人の世に死の穢れをまくものを退治するのが、あなた達のお務め。どうしたの、人間と戦うのは嫌い? それとも、私が知ってる人だから?」

 

「あなたの弱い所はね、その甘さなの。でも、甘くても私より優れてる、それが許せない。あなたといて楽しかったわ。ずっとずっと一緒にいたかった」

「この憎しみに気づくまでは……神楽、大っ嫌い!」

 

「あいつは、もう来ないよ。あいつは、意気地なしだから」

 

「やっと、やる気になった?」

 

「この程度でまいたつもり? それとも、殺すつもりだった?」

 

「痛いよね、神楽。でも大丈夫。すぐ楽にしてあげるから」

 

「私を、姉と、呼ぶな!」

3話

「大丈夫。本気で打ち込んでいいよ」

 

「その年にしては、太刀筋が速いわ。鍛えればもっと強くなれるわよ」

 

「偏屈ね。神楽ちゃんのお父上って、すっごい偏屈。そんですっごくへそ曲がり!」
「勝とうが負けようが、褒められたら素直に喜べばいいの!」

 

「ゲームも負けは負けよ。待ったなし!」

 

「黄泉お姉ちゃん。『さん』は無し」

 

「そうだ、神楽ちゃん。私の部屋に来ない。慣れるまで一緒に寝ようよ」

 

「一人にしないよ。私が神楽を守る!」
「おいで、私と一緒に」

 

「よく見てて、神楽ちゃん。これが私達のお務め」

「私達は、環境省・自然環境局・超自然災害対策室の処理班なの。人の世に危害を及ぼす悪霊、人を恨み呪う怨霊を処理するのが、私達のお務め」

 

「じゃあ、きょうだいになろうか」「よ~し。今日から神楽は私の子分だ!」
「お姉ちゃんにとって妹は子分と同じなのだ~」

 

「私は、諫山家の宿命を、退魔師という使命を継ぐの」
「そう、それが私の存在意義の全て」

 

4話

「ダメよ、命を粗末にしちゃ」

 

「経験則よ。場数を踏めば分かるようになるわ」

 

「あの人、アーチストだから」

 

「悪い気が溜まると、それに呼び寄せられた悪霊が集まり、さらに悪い気が強くなるの。それが悪循環して、悪霊の溜まり場が出来る。でも……」

「一番最初の悪い気には、何らかの原因が?」

 

「やっぱり、これ向いてないわ」

 

「斬って!」「もう人じゃ無いわ!」

 

「人の世に死の穢れをまくものを退治するのが、私たち退魔師の使命よ!」

 

5話

「お父さんは、身寄りを失くした私を引き取って、ここまで育ててくれました。この縁談も、より親族と縁が深まるようにと、私を気づかってくれてのこと」

「反対する理由などございません。この縁、ありがたく、いただきます」

 

「頭に来たら、何だっていうの?」

 

「女に手をあげるなんて、最低!」

 

「神楽。私は、あなたが泣くようなことはしないわ」

 

「私達、ずっとケンカ出来るかな?」

6話

「間違えて、私斬らないでね」

 

7話

「おみごと、でも不合格」

「実戦じゃ死んでるわよ。相打ちは負け。捨て身の戦法じゃなく、自分が傷つかずに敵を倒すことを考えなさい」

 

「分かんない。頑張れって、励ますことは出来る。やめちゃえって言うことも出来る。でも決めるのは神楽、あなただから」

 

「今はすきなだけ悩みなさい。他人がなんて言おうと、自分の心で信じた答えを貫けばいいの。少なくとも私は、今までそうしてきた」

 

「それがどんな答えであっても、神楽が自分で決めたなら、私は味方だから」

 

「ずっとずっと神楽のこと、守っていたかった。でも、そろそろ終わりかな」
「神楽にはもう、私は必要ないのかも?」

 

「ううん、生まれがいいのよ」
「なのにあの子は、それを受け継ぐのを迷ってるなんて。皮肉ね」

 

8話

「平気、元に戻っただけだから。元々、私には何も無かったんだから」
「あなただけよ、神楽。あなたが私の最後の宝物」

 

「黙れ……黙れ! それ以上、口を、利くな!!」

 

10話

「命乞いなさい」
「いいわ、えぐるから」

 

「どうでもよかったのよ、そんなこと。今さら、どうでもいい」

 

「私を殺して。人の世に、死の穢れをまくものを退治するのが私達の使命。今の私は、死の穢れよ」

 

「迷いなんか、全て消えたわ」

 

11話

「最強の霊獣、喰霊・白叡。それを継承する土宮の家柄、目障りだったわ。なのに、それを私は憧れと勘違いしていた。でも、そのどちらも、今日で最後」

 

「死ぬことも、叶わないの?」

 

「どっちでも同じだけどね。いずれ地上に住む人間は、全て私が殺すのだから」

 

12話

「私なの? これが本当の私なの? これが、私の望む感情なの……」

 

「私を殺す前に? それとも、自分が死ぬ前に?」

 

「命ごいを聞かせて。そうしたらこれ以上、苦しまないように殺してあげる」

 

「覚悟できた?」

 

「ごめんね、神楽。大好きよ……」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
「喰霊-零-」Blu-ray BOX

 

→喰霊-零-
→喰霊-零-(土宮神楽)
→喰霊-零-(三途河カズヒロ)
→喰霊-零-(土宮雅楽)
→喰霊-零-(神宮寺菖蒲)
→喰霊-零-(諫山冥)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました