「魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」の名言まとめました

劇場版「魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」の名言をまとめていきます。

魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

「とてもよく似合ってるよ。思った通りだ」(司波達也)
「ありがとうございます、お兄様」(司波深雪)

 

「深雪、俺の封印を解いてくれ」(達也)
「分かりました。叔母様が構わないとおっしゃるなら、喜んで」(深雪)

 

「この飛行機には乗ってないわよ」
「ここにはいないって言ったでしょ! それとも、あたしの言葉が信じられない!?」(千葉エリカ)

 

「私達は、『わたつみシリーズ』と呼ばれていた、です」(九亜)

 

「それじゃ、まるで機械のパーツじゃないか!」(吉田幹比古)

「助けて、欲しい……です」(九亜)
「安心して、ここで放り出すようなまねはしないわ。最後まで、きちんと助けてあげる」(エリカ)

 

「ううん。私達を、助けて欲しい、です」(九亜)

 

「それでも何とかしてあげたいです!」(光井ほのか)
「ほのかがやるなら、私もやる」(北山雫)

 

「覚悟を問われちゃ、逆に引き下がれないわね~!」(エリカ)
「俺も、手を貸すに一票だ!」(西城レオンハルト、通称:レオ)

 

「僕も構わない。けど、柴田さんや北山さんや光井さんを、危ない目に合わせるのは賛成できない」(幹比古)

 

「あら? 私は構わないんですか?」
「エリカ、何か言いたいことでもあるの?」(深雪)

 

「冗談ですよ」(深雪)

 

「吉田くん。私は大丈夫ですから、九亜ちゃんの力になってあげて下さい」(柴田美月)

 

「お兄様。私も、九亜ちゃん達の力になってあげたいと思います」(深雪)

 

「分かった。何とかしよう」(達也)

 

「世界にとって、です」(アンジェリーナ=クドウ=シールズ、通称:リーナ)

 

「命令は、研究資料を含めた完全破壊です。それ以上の詳細は聞いていません」(リーナ)

 

「第二段階として、私が『ヘビィ・メタル・バースト』で基地を吹き飛ばします」
「それだけ参謀本部は、今回判明した脅威を重大なものと見ているということです」(リーナ)

「女の子にとってのお風呂はね、ただ身体を洗うだけじゃなく、奇麗になるための準備をする所なんだよ」(ほのか)

 

「同情では合っても、軽い気持ちじゃないだろ?」(達也)
「それは……そのつもりです」(深雪)

 

「俺も、あの子のことを見捨てられなかった。調整体に対する、過度の同情心から、冷静さを欠いているとは分かっているんだが……」(達也)

 

「お兄様にとっても、それは決して悪いことでは無いと思います」(深雪)

 

「人間を内部に収容する、巨大なCADを使用し、9人もの貴重な調整体を使い潰す形で、秘密裏に進めている魔法実験。これを放置してはならない、そんな気がする」(達也)

 

「自分は事実を報告しただけですので、これからどう動くかは、協会しだいです」(達也)

 

「自分は16歳なんですが?」(達也)

 

「私達が頼まれたのは、九亜ちゃんを東京へ連れ帰ることよ。それ以上は、私達の出る幕じゃないわ」(七草真由美)

 

「あたしじゃ、足手まといということか?」(渡辺摩利)
「違うわ。達也くんとは、責任を果たすべき相手が違うということよ」(真由美)

 

「あたしは足手まといなんかにはならないわよ!」(エリカ)

 

「とんだ春休みになりそうだ!」(レオ)

 

「無視して下さい」(真由美)

 

「それは困りましたね」
「今のは威嚇です、次は貫通させます。私は本気ですよ」(真由美)

 

「ちょっとした秘密兵器だ」(達也)

 

「今の魔法は、リーナのヘビィ・メタル・バースト。スターズがなぜここに?」
「それにしても、相変わらず加減を知らない」(達也)

 

「何だかよく分からないけど、これはチャンスね!」(エリカ)

 

「実験はもう終わった。閉じ込めておく必要はないだろう」(達也)

 

「君達がそれを望むのであれば」(達也)

 

「研究所のデータを残しておいては、本当に助けたことにはならない。別の君達が作られるだけだ」(達也)

 

「言っておくが、お前の手を借りなくてもデータは引き出せる。お前を生かしておくのは、時間の節約になるからにすぎない」(達也)

 

「デリートだ!」(達也)

 

「お兄様のようには上手く出来ないけれど。動きを封じるにはこれで充分です」
「凍てつきなさい」(深雪)

 

「俺には、セブンスプレイグを完全に無害化する手段がある。君の協力が必要だ」(達也)
「なんで私が!?」(リーナ)

 

「高度140キロなんて、もう宇宙じゃない!」(リーナ)

 

「今から使おうとしている魔法は、何度も撃てるものじゃない。俺の魔法力では一発勝負になる。だから、なるべく確実をきっしたい」(達也)

 

「出来るわよ! 慣性制御による負荷軽減も含めて、完璧にオーダーをこなしてみせるわ!」(リーナ)

 

「深雪。俺は魔法力を、ほぼ使い切った状態で墜ちてくるだろう。受け止めてくれるか?」(達也)
「おまかせ下さい、お兄様。私の全てに変えましても、お兄様を無事、この場所へお迎え致します」(深雪)

 

「さすがです……お兄様」(深雪)

 

「任務……ではないが、完了だ」(達也)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女 [Blu-ray]

 

→魔法科高校の劣等生
→魔法科高校の劣等生(司波達也)
→魔法科高校の劣等生(司波深雪)
→魔法科高校の劣等生(千葉エリカ)
→魔法科高校の劣等生(真由美&摩利)
→魔法科高校の劣等生(十文字&一条)
→赤髪の白雪姫
→暗殺教室
→色づく世界の明日から
→冴えない彼女の育てかた
→涼宮ハルヒの憂鬱
→青春ブタ野郎はバニーガール先輩の
→宇宙よりも遠い場所
→とある魔術の禁書目録
→とある科学の超電磁砲
→とある科学の一方通行
→泣きたい私は猫をかぶる
→氷菓
→秒速5センチメートル
→フルーツバスケット
→やがて君になる
→やはり俺の青春ラブコメはまちがっている
→ようこそ実力至上主義の教室へ
→ReLIFE
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました