「とらドラ!」北村祐作の名言まとめました

アニメ「とらドラ!」北村祐作の名言をまとめていきます。

とらドラ!

1話 虎と竜

「大丈夫、少なくともみんなでは無い。俺は分かっているからな」

 

2話 竜児と大河

「高須と居る時のお前は、本当に面白い顔をしていた。高須はすごくいい奴だ。そして、あいつをさっきみたいに思える逢坂は、本当に素敵な女子だと思う」

 

4話 あのときの顔

「逢坂。お前のその怒りを隠さない、ストレートな性格がいい! 惚れた!」

 

5話 かわしまあみ

「実をいうと、俺は亜美の本性が嫌いじゃない。だからみんなにも本当のあいつを知ってもらって、その亜美を好いてもらいたいんだ」
「それでも嫌われるなら、亜美も納得できるだろう。これ以上あいつに、嘘をつかせたくないんだ」

6話 ほんとの自分

「逢坂、頼む。お前は頼みごとの出来る数少ない女友達なんだよ」

 

8話 だれのため

「逢坂は火事場のクソ力タイプだからな。まだまだ勝負の行方は分からん」

 

10話 花火

「よ~し、行くぞ、北村探検隊! 黄金の、ふたこぶコブラを見つけるのだ!」

 

13話 大橋高校文化祭【後編】

「手を取り合って、見つめ合って、飽きるまで回り続ければいいんだ、きっと」
(大河にダンスのやり方を伝える)

 

14話 しあわせの手乗りタイガー

「何もしてない、をしてる」

 

15話 星は、遠く

「生徒会長に、なりたくなくてさ。この頭なら、誰もそんなもん、期待しなくなるだろ。だからだ」

 

16話 踏みだす一歩

「みっともなくて、とても言えやしなかったんだ。会長のことが好きだからだなんて」

 

「本当は分かってるんだ。逢坂が立候補したのは、俺のためだってことも、みんなに心配かけてるってことも、このままじゃ、ダメだってことも」

 

「大丈夫だ。決めるから、ちゃんと自分で」

 

「悪かったな、二人共。もういいよ」
「いや、これ以上の狼藉は許さんぞ! この北村祐作が、この学校を正しく導いてみせる!」

 

「あの日、会長に声を掛けられて、フラフラと踏み出した第一歩は、無駄じゃなかったんだ。なのに、今は、次の一歩が踏み出せない」

 

「一番盛り上がる所に現れるんだな、スーパースターは」

 

「私は……いや、俺は……俺は、会長が、あなたが、好きだぁぁぁーーー!!!」

「俺がここに立っていられるのは、あなたという人に恋をしたからです。会長が行ってしまう前に聞きたいんです。あなたの気持ちを、望みはゼロですか?」
「俺と会長の間に、特別な縁などなかったのでしょうか? どうか聞かせて下さい!」

 

「会長は本当に優しい人です。心からあなたが好きでした。好きになれて、恋をして、本当によかった。ありがとうございました!」

 

17話 クリスマスに水星は逆行する

「これか? これは、土下寝だ! 土下寝だ!!」
「俺の逢坂に対する気持ちは、土下座なんかじゃ足りないんだよ全然! だから土下寝だ!」

 

「逢坂。もう二度と、ケンカなんかしないでくれ、誰のためにもだ。許せないことがもしあったら、まずはこの僕に何でも相談してくれ」

 

21話 どうしたって

「凄く見てはいけないものを見た気がするぞ」

 

23話 進むべき道

「なあ、高須。お前は逢坂を、このままここから逃していいのか? それでいいか?」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
とらドラ! Complete Blu-rayBOX

 

→とらドラ!
→とらドラ!(高須竜児)
→とらドラ!(逢坂大河)
→とらドラ!(櫛枝実乃梨)
→とらドラ!(川嶋亜美)
→とらドラ!(狩野すみれ)
→とらドラ!(恋ヶ窪ゆり)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました