「引き返せるうちは旅ではない」が名言なので紹介する

アニメ「宇宙よりも遠い場所」の2話に名言があったので紹介する。

「引き返せるうちは旅ではない。引き返せなくなった時に初めてそれは旅になるのだ」

メインキャラクターの一人、三宅日向(ひなた)の言葉だ。
この時の状況など、いろいろ考えていく。

状況の説明

女子高生4人が南極に向かう物語。

メインキャラクターの一人、小淵沢報瀬(しらせ)は南極に行くと宣言していた。

しかし高校生が南極に行くなど、普通では不可能。
そのため報瀬はある作戦を決行することを決める。

それに同意するキマリと日向だが、成功については疑問を持つ。
そんな時、日向が話したのが今回の名言になる。

感想と考察

旅行といえば、楽しいばかりの気持ちになる。「旅」と言えば、少し困難が待ってそう?

しかし旅行でもトラブルが面白かった思い出に残る。
旅も困難があるからこそ価値が生まれる。

また決意しても引き返せるうちは、決意でしかない。
引き返せなくなった時、決意が真実に変わる。

困難が伴う旅に興味が出てきますね。

まとめ

旅について語っているが、現在では南極に行くことすら困難な状況。
まず「南極に行く」というハードルを超えなければいけない。

しかしこの困難こそが、旅の醍醐味。何事も出来てしまう前の想像が楽しい。
作戦を練り、みんなで相談することから旅は始まっている。そしてまだ引き返せる段階。

旅への道のりは遠そうだ。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
宇宙よりも遠い場所 1 [Blu-ray]

→「想いの強さとワガママは紙一重である」が名言なので紹介する

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク