「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の名言まとめました

アニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の名言をまとめていきます。

「デスマ次郎」と呼ばれるほど主人公にとって都合のいい展開と、ちょろいヒロインの言葉を中心にピックアップしています。

デスマーチからはじまる異世界狂想曲

1話

「彼女か……そんな存在、このデスマーチの進行中には、非現実すぎる存在だよな」(鈴木 一郎、後のサトゥー)

 

「社畜と笑わば笑ってくれ。今は、睡眠こそ、ジャスティス」(鈴木)

 

「それにしても、確実に夢だな、これ。デスマーチ中に寝てる時に、夢の中でデバッグするのはたまにあるけど……」(鈴木)

 

「焼けるように熱い! 本当にここは夢の中なのか!?」
「やばい! このままじゃ死ぬぞ!」(サトゥー)

 

「クソッ! バグで敗北とか、バッドエンドにもほどがあるぞ!」(サトゥー)

 

「サトゥーです。働きアリと言われる日本人らしく、仕事漬けの日々を送っていましたが、ここではないどこかに逃げたいと思うほど、追い詰められてはいないはずです」
「忙しい分、やりがいも感じていたのです。本当ですよ……」(サトゥー)

 

「痛い、すごく痛い。痛すぎる!」(サトゥー)

 

「体力の最大値が増えている。それだけじゃない、レベル310!」
「能力値が全部最大になってカンストしてる」(サトゥー)

 

「夢のくせに小賢しい仕様を入れるの止めて欲しいな」(サトゥー)

 

「うわぁ! お金もすごい量あるな」(サトゥー)

 

「聖剣・真剣・魔法銃。いや~、失われた中二心が刺激されるね」(サトゥー)

2話

「どうやら簡単に手に入るのはスキルだけじゃ無く、称号も同じみたいだな」(サトゥー)

 

「そうだったんですか。命の恩人さんですね」(ゼナ)

 

「さすがポイントマックス詐術&弁明スキル。効果バツグンだね」(サトゥー)

 

「なんて心踊る光景だろう。ゲームクリエイターとしては、このファンタジーや光景にワクワクしないのは、無理な話だよ」(サトゥー)

 

「あからさまにトラブルを呼びそうな称号だな」(サトゥー)

 

「俺の夢らしからぬサービスの良さだよ」(サトゥー)

 

「やっぱりこれは夢というにはおかしくないか? もし夢じゃないとしたら、一体なんなんだ? ゲームっぽいけど、ログオフもセーブも無い世界」
「このゲームみたいな世界をクリアすれば、元に戻れるっていうのか?」(サトゥー)

 

「とにかく、当面の行動方針としては、この世界を楽しむ観光が主で、帰還方法の探索はその次だ。それに折角の非日常、たっぷりと楽しんで、ゲームクリエイターとしての糧にしなくちゃね」(サトゥー)

 

「あの、今日は非番なので。サトゥーさんに市内を案内しようと思って!」(ゼナ)

 

3話

「俺ってこの世界ではチートレベルなんじゃ? 騒ぎにならないよう、出来るだけ自重しておくか」(サトゥー)

 

「迷宮からの脱出ミッション発生って感じか」
「それにしても、シティアドベンチャーものからダンジョンアタックものに急変なんて、テーブルトークRPGだったら、ゲームマスターの頭を心配するレベルだよ」(サトゥー)

 

「これじゃイージーモード過ぎるだろ」(サトゥー)

 

4話

「調教師なんて失礼な。教育と言って欲しいよ」(サトゥー)

 

「罠利用スキルがあって助かったな」(サトゥー)

 

「悪いけど助ける気が無くなった。自力で脱出すればいいさ」(サトゥー)

 

「ここは目立ってもいいから戦うべきだな」(サトゥー)

 

「あれは、上級魔法のクリムゾンジャベリンに違いない」(貴族)
「違います。超初級魔法のファイヤショットです」(サトゥー)

 

「勇者の称号と聖剣が、神にも近き者を倒せるなら、神を殺せる神殺しの称号と真剣に、同じことが出来ないわけがない」(サトゥー)

 

5話

「みんなはそのまま食べなさい。これは命令だよ」(サトゥー)

 

「もう、だから言ってるじゃない! 最初に会った時に一目惚れしたの!」(アリサ)

 

「ご主人様を誘惑して気持ちよくなってもらうのは、奴隷の責務なのよ!」(アリサ)

 

6話

「商人とは、用心深いものなのです。それがたとえ、聖者や勇者が相手でも、口約束ではなく、書類を求めるものなのですよ」(サトゥー)

 

7話

「もうーーー! どうして私がいるのに娼館なんて行くのよ! こんな美少女がいつでもウェルカム状態なのに! 何が不満なのよ!」(アリサ)

 

「いて」(ミーア)

 

「どうしてこんなになつかれたのやら……」(サトゥー)

 

「少し手際がよすぎて不自然だったか。次からは注意しよ」(サトゥー)

 

8話

「もっといろいろな正体があるかもね」(サトゥー)

 

「また飛ばされたくないし、ここのルール通りに攻略するしかないな」(サトゥー)

 

「古きよきダンジョンものが好きな奴が設計したなら、こういうギミックを絶対に用意するよな」(サトゥー)

スポンサーリンク

9話

「自殺趣味は無い。必ず生きて帰るさ」(サトゥー)

 

「ずっと考えていたんです。私、家を捨てて恋人の元に走るような、リルティエナ姫のようなことは出来ません。だから私は、サトゥーさんに一緒に連れていってとは言えません」

「でも、春には弟も成人して、家督を継ぎます。その後は自由にしてよいと弟の許可を得ました。だから、春になったら……私も、サトゥーさんの所に行きます」(ゼナ)

 

「マスター。寂しい時は、女の胸で泣くといいと、コードライブラリで見ました」(ナナ)

 

10話

「しかし、この世界の魔法は、プログラム言語と親和性が驚くほど高い。まるでこの世界の魔法を作った開祖がプログラマーだったかのようだ」(サトゥー)

 

「破廉恥」
「サトゥー、エッチなのはダメなの、いけないのよ。結婚していない女の人の体にさわるのはダメなの。だから、サトゥーはさわっちゃダメ」(ミーア)

 

11話

「不潔」(ミーア)
「もう~! これだけ女の子がいるのにどうしてそう浮気性なのよ~!」(アリサ)

 

「よし。次は錬金術でポーションの自作に挑戦してみるか」(サトゥー)

 

「夜はマジックアイテムの製作にチャレンジしてみようかな」(サトゥー)

 

「大丈夫だって。私のチートなご主人様がなんとかしてくれるってば」(アリサ)

 

12話

「手品なんて使っておりません。知恵と努力と友情で、成し得たのですよ」(サトゥー)

 

「子供達の前ですから」(サトゥー)

 

「ちょっとご主人様! 私がいない状態で何ハーレム楽しんでんのよ!?」(アリサ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 1 [Blu-ray]

 

→異世界はスマートフォンとともに。
→異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
→うちの娘。(ラティナ)
→賢者の孫
→超人高校生たちは異世界でも余裕
→八男って、それはないでしょう!
→魔王様、リトライ!(アク)
→私、能力は平均値でって言ったよね!
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました