「境界の彼方」栗山未来の名言・台詞まとめ

アニメ「境界の彼方」栗山未来の名言・台詞をまとめていきます。

境界の彼方

1話 カーマイン

「不愉快です」

 

「先輩がいけないんです。こんなに急所を突いてるのに、死なない妖夢憑きなんて聞いたことありません!」

 

「それなら安心して下さい。人払いは、ちゃんとしてありますので」

 

「異界士の間では、呪われた一族として忌み嫌われていました」
「おそらく、強すぎたんでしょうね。異界士は、異能の力を持つゆえに、突出した力を持つ者を排除したがりますから。おかげで一族は絶え、私が唯一の生き残りです」

「そうですか? よくある話だと、思いますけど」

 

「そしたら先輩が不死身だって言うので。だったら、いくら斬っても死なないですし、私も妖夢を倒すのに慣れてなかったので……」
「いいじゃないですか、減るもんじゃないですし!」

 

「嫌です」「怖いんです……命を奪うのが」

 

「辞められるなら……辞められるなら、とっくに辞めてます!」

 

2話 群青

「私は、先輩のように暮らしたいとは思いません。先輩みたいに、みんなとあんな風に楽しく生きていくなんて、許されないんです」
「人を、殺したんです」

 

3話 ムーンライトパープル

「何が違うんですか! 生まれた時から、悪魔のように扱われ、触れることすら恐れられた私の、何が分かるっていうんです!」

 

4話 橙

「私は、普通の人間に、見えますか?」

 

「ごめんなさい。私、先輩のこと、何も。なのに……止めなきゃ」

 

5話 萌黄の灯

「いつまでも迷ってたら、何も変わりませんから」

 

「先輩! みんな、一人だからです。みんな、一人だから……」

 

7話 曇色

「下手なんです、私は。生きるのが」

 

「不潔です! 不愉快です! 不潔不愉快です!!」

 

「後悔は変わらない。人を殺すということは、誰かを死に追いやるということは、取り返しのつかないことなのだと。そんなことを、桜にさせる訳にはいきません。唯のためにも」

 

「はっきり言います、あなたは異界士にはなれません。あなたの力では無理です。私が異界士として生きていきます。あなたの分も、唯の分も!」

 

「力が、うらやましいですか?」
「私は……いえ、唯も、あなたが、うらやましいと言ってました」
「だから、あなたは、桜でいてください。私達の知っている、伊波桜で」

 

9話 銀竹

「何で……何で私がお腹すいてないと、変なんですか?」

 

「知らなきゃよかった。こんなことが待っているんだったら、先輩のこと、知らなければよかった。何か、誰かに意地悪されているみたいです」
「私、本当に、呪われているのかもしれません」

 

10話 白の世界

「何言ってるんですか! 何言ってるんですかぁ!!」
「何をですか、何をですか!?」

 

「先輩は……先輩は、どうして私に優しくしてくれるんですか?」

 

「夢だから出来ると思ったけど、やっぱり難しいですね」
「さよなら」

 

「でも、私、先輩を、殺したくありません。殺したく、ないんです……」

 

「きっと先輩、怒ると思います。私がこんなことしたって聞いたら、何も分かってないって、あの時みたいに」
「ざまあみろです」

 

11話 黒の世界

「先輩。私……不愉快じゃないです」

 

「先輩は私が……私が、守ります」

 

12話 灰色の世界

「そんなの知りません! でも、アクセル全開です!」
「なぜなら……もう止まっても間に合いませんからぁ!!」

 

「ここの存在そのものがデタラメなんです。もっと言えば、先輩がデタラメなんです」

 

「でも、そんな気がするんです。きっと、何とかなります!」

 

「でも……栗山未来は今、不愉快なほど、ポジティブなんです!」

 

「私、先輩に出会えて本当によかったです」
「本当に先輩のこと、好きになってよかったです」
「本当に、ありがとうございました」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
境界の彼方 [Blu-ray]

 

→境界の彼方
→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました