「グレイプニル」の名言まとめました

アニメ「グレイプニル」の名言をまとめていきます。

グレイプニル

1話 僕の中には

「嘘です。でも、それって別に、普通ですよね?」(加賀谷修一)

 

「普通が一番。みんなと一緒なら安心。自分なんて、無くてもいい」(修一)

 

「ダメだ、余計なことは。でも、僕の中には、怪物がいる」(修一)

 

「本当に分からない。100歩譲って変身はいいとして、何で着ぐるみ、何で犬、意味不明過ぎて……」(修一)

 

「変身した方が、イケメンね」(青木紅愛)

 

「まあいいわ。けど、嘘だったら、怒るわよ」(紅愛)

 

「それは、力と引き換えに、全てを失うもの」(氷川)

2話 空っぽの意味

「あんた頭大丈夫? ベランダから土足で入ってくる奴なんて、強盗だろうが化け物だろうが、敵に決まってるでしょ」(紅愛)

 

「ねえ修一。このコインにも意味があるみたいに、その姿にも意味があるんじゃない」
「自分が何者か知りたくない? だとしたら、チャックの中身も知っておいた方がいいんじゃない?」(紅愛)

 

「空っぽの中に入って、一つになる。きっとそれが空っぽの意味よ」
「お願い、一緒になれる気がするの」(紅愛)

 

「大丈夫。私が守る」(紅愛)

 

「ごめんね、私もなの。まだ死ねない」(紅愛)

 

「無理ね。やさしい修一にそんなこと出来ない。もちろん、私の細い腕じゃ、あんな化け物倒せない。けど、私と修一の2人でなら、誰が相手でも、負けはしない」(紅愛)

 

「それに多分、これから起こることはもっとつらいこと。だから一つだけ約束してあげる。どんな理由でもいい。あなたの身に何かあった時は、私も一緒に死んであげる」
「たとえ死んでも修一は1人じゃない。私達は、2人で一つよ」(紅愛)

 

「残念だわ。もう少しで、楽になれたのに」(紅愛)

 

「この街は大変なことになってる。私達が出会ったのは、運命よ」(紅愛)

 

3話 エレナ

「でも、怖い映画は嫌よ。私、怖いの苦手なの」(紅愛)

 

「ちょっと……今、女の人の声が、しませんでした?」
「そこは、私の場所よ!」(青木江麗奈)

 

4話 変身願望

「何だ、紅愛だったの。ねえ、どうしてあんたが修一くんの中に入ってるの?」(江麗奈)
「あんたを、殺すためよ!」(紅愛)

 

「私は、もう昔みたいに弱虫で、紅愛に守ってもらっていたお姉ちゃんじゃないの。強くなったの。だからこれからは、私がクレアを守ってあげる」(江麗奈)

 

「ごめんね、修一。こんなことになっちゃって……けど、約束は守るから」(紅愛)

 

「いや、この状態が生きてるといえるかは謎だけど?」(修一)

 

「けど、よかったですね。さすがにその状態で変身を解いていたら、きみ死んでましたよ」(宇宙人)

 

「意味のない質問ね。自分が自分であることは選択できないわ。それでもどうしても好きになれないなら、死ねばいい」(紅愛)

 

「なりたいと思いませんか。今とは違う自分に」(宇宙人)

 

「マンガは好きです?」
「あなたもそんな人間になれたら、格好いいと思いませんか?」(宇宙人)

 

「そんなことないわ。私にとって、状況は凄く良くなってるの」

「けど、修一に会って全てが変わった。私の世界が動き始めたの。そしてそこに、私の居場所もあった」(紅愛)

 

「うん、それが普通だよね」
「ありがとう。誰かにそう言って欲しかったんだ」(修一)

 

5話 ヤバイ敵

「確かに会う化け物、全部と戦ってたら、こっちの身も持たないわね。それに、今ほしいのは情報よ」

「私達は、何も知らない」(紅愛)

 

「ここは街とは逆なの。ここで隠さなくちゃいけないのは、私達の素顔」(紅愛)

 

「リスクを恐れていたら、手遅れになってしまう」
「ここでの正解は、リスクの中に、踏み込むこと」(紅愛)

 

「コインを集める者、力を求める者は皆そう考える。自分以外は全て敵だと。ここはそういう場所だ。だから私はここに来た」(三部忠則)

 

「大丈夫、覚悟は決めてきた。この山に入った時から、避けられない戦いは必ずあると」
「その時は迷わず!」(修一)

 

「ありがたい。お前のようなゲスが相手なら、遠慮なく殺せる」(三部)

 

「けど、私はあんな作戦嫌いよ。どうせ死ぬなら、修一と一緒がいいの」(紅愛)

 

6話 収集者

「僕と紅愛が会ったのは、本当に偶然なのかな?」(修一)
「偶然じゃないわ、言ったでしょ。私達が出会ったのは、運命だって」(紅愛)

 

「やっぱり、思った通りだ。あなたはとても優しい人ね」(吉岡千尋)

 

「私は、秘密を守らない奴が嫌いだ」(小柳紗耶香)

 

「私はあの宇宙人の話をちゃんと聞き、明確なイメージを持ってこの力が欲しいと変身した。秘密を破る奴に、罰を与えるため」(紗耶香)

 

7話 変形

「怒らないであげて。まだ子供なのよ」(江麗奈)

 

「もう少し利口な奴かと思ったが。だが、仲間を裏切らない所は私も好きだ」(紗耶香)

 

「あの時だってそうだ。僕の弱さが人を殺した。ただ怖くて、自分が助かりたくて。だけど、もう僕は逃げない! たとえ相手が誰でも、どんなことがあっても!」(修一)

 

「違うわ。もっと大事な、私の半身よ」(紅愛)

 

「悔しいな。どうして、僕達はこんなに弱いんだろう。君も、悔しいだろ!」(修一)

 

「一緒になりたい人がいるの」
「そうよ。でも、もし一緒になれたとしても、私は、彼と、二度と……」(江麗奈)

 

「いいわよ、出来るものならね。たとえ殺されても、全て済むまで、私には死ぬなんて許されないから、絶対に」(江麗奈)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました