「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった(はめふら)」の名言まとめました

アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった(はめふら)」の名言をまとめていきます。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった

1話 前世の記憶を思い出してしまった…

「ついに、この時が来てしまった。この魔法学園で、いよいよゲームはスタートする」
「そして、私、カタリナ・クラエスはここで破滅を迎えるの」
「でも、そうはさせないわ。来るなら来なさい破滅フラグ。この私が相手になってやる」(カタリナ・クラエス)

 

「中学のころからオタク街道を突っ走り、高校に入って乙女ゲームに夢中になって徹夜でゲームをしたら学校に遅刻しそうになって慌てて道路に飛び出したて、私は17歳で死んでしまった!」
「今のは夢じゃなくて前世の記憶!!!」(カタリナ)

 

「社交界か……貴族社会は面倒なことが多いわね。それに比べれば前世は自由だったな~」(カタリナ)

 

「ここは、『FORTUNE・LOVER』の世界だ。じゃあ私は、このままだと破滅!?」(カタリナ)

 

「第二の破滅フラグがやって来た!!」(カタリナ)

 

「怖い訳ないじゃない。魔力をコントロールできるようにこれから訓練すればいいのよ。私と一緒に頑張りましょ」(カタリナ)

2話 王子に勝負を挑まれてしまった…

「あれ? 私が姉なのに、キースに付き添われないとダメな子になってない?」(カタリナ)

 

「きっとメアリの手は、緑の手なんだわ」
「植物を育てる才能がある人の特別な手のことよ。緑の手を持っているメアリは、特別で素晴らしい存在だわ」(カタリナ)

 

「そうね、最初はだいぶ私に怯えていたから。きっとこの、悪役顔のせいよ」(カタリナ)

 

「本当に魅力ある人から誘われれば、女の子は着いていくわ。あなたに魅力が無いのよ!」(カタリナ)

 

「素人のお坊ちゃまが、前世で野猿の異名を取ったこの私に勝てると思うなよ」(カタリナ)

 

「向き不向きの問題だと思うんだけどな」
「ジオルド様にはジオルドの得意なものや苦手なものがあって、アラン様にもそれぞれあるのでしょうから、向き不向きがあって当然だということです」(カタリナ)

 

3話 麗しの美形兄妹と出会ってしまった…

「前世ではマンガやアニメにどっぷりだったから、正直物語に飢えて仕方なかったのよね~」
「ああ、この素晴らしさを、ぜひ誰かと語り合いたい!」(カタリナ)

 

「まさにこれは絶好のチャンス! そこで必ず、ロマンス小説仲間を見つけてみせるわ!」(カタリナ)

 

「えぇ~! せっかくこれから熱く語りあおうとしてたのに」(カタリナ)

 

「そんな人、本の中にしかいないと思っていたのに」(ソフィア・アスカルト)

 

「な、な、何? 笑った顔は普段の何倍もきれい! 魔性の伯爵が浮かべる万人を魅了する笑みって、きっとこんな風なんだわ!」(カタリナ)

 

「まさかまたライバルが増えるなんて。一体どれだけたらしこめば気が済むんだ?」(キース・クラエス)

 

「うん、全く分かってないことが分かりましたよ。これはもう、先に既成事実でも作ってしまった方が早いかもしれませんね」(ジオルド・スティア—ト)

 

「君は本当に、いくつになっても無防備ですね。こんなことでは、いつでも簡単に奪えてしまいますよ」(ジオルド)

 

「それは言えない。本当は思ってはいけない人だから」
「でも、俺はいつでもその人の幸せを願っている」(ニコル・アスカルト)

 

「こうして、私の15歳の誕生日パーティーは、楽しく過ぎていき。ついに、魔法学園入学へのカウントダウンが始まる」
「それは、すなわち、恐れていた乙女ゲームが、始まってしまうということ。
願わくば、破滅を迎えることなく、皆とずっと一緒にいられますように」(カタリナ)

4話 魔法学園に入学してしまった…

「分からないけど、とにかく前へ進むのみよ!」(カタリナ)

 

「カタリナは規格外ですから。そこが素敵なところですけど」(ジオルド)

 

「恋心は人を変えるというから、何が起きるか分からない。油断は出来ないわ」(カタリナ)

 

「負けるとしたら、頭も魔力もしょぼいカタリナぐらいよね」(脳内カタリナ)

 

「マリアちゃんの手作りお菓子に、なんてことを……その罪、許しがたし!」(カタリナ)

 

「か、かわいい~! さすが乙女ゲームの主人公。こんなの誰でもドキドキしちゃうわ!」(カタリナ)

 

5話 主人公の実家にお邪魔してしまった…

「それだ! 自分からどんどん動いて、生徒会以外でも一緒にいられるようになろう!」(カタリナ)

 

「あなた達、こんなこと続けていると……破滅するわよ!」(カタリナ)

 

「もちろん、好きなように呼んで。だって私達、もう友達なのだから」(カタリナ)

 

「それはもちろん。もしもの時に立派な農民になるためよ」(カタリナ)

 

「今、聞いたことは気にしなくていい。噂は所詮、噂だよ」(キース)

 

「気づくと、特別な子として、みんなに一目おかれるようになった。でも結局、何も変わらなかった。どうしたら、私をちゃんと見てくれるの?」
「誰でもいい……誰でもいいから私を見て。心からそう願った」(マリア・キャンベル)

 

6話 夏休みだから楽しく遊んでしまった…

「大丈夫よ、キース。また怖い夢を見たら、私が起こしてあげるからね」(カタリナ)

 

「みなさんお忘れのようですが、カタリナは僕の婚約者ですよ」(ジオルド)
「今はそうですね」(キース)

 

「ずっとは望めないのは分かってる。だから今だけでいい、君のそばにいさせてくれ」(ニコル)

 

「危ないですわ。長年かけて自覚させないように仕向けて来たのに。また後でうやむやにさせておかなくては。これ以上、敵を増やすわけにはいきません!」(メアリ)

 

「まあ姉さんの言葉なんか鵜呑みにして信じた僕にも、責任はある」(キース)

7話 危険なダンジョンに入ってしまった…

「もし、生まれ変わることが出来るなら、もう一度、あの子と友達になりたい」(佐々木敦子、カタリナの前世の親友、ソフィアの前世)

 

「当たり前に続くと思っていた日々、終わりは突然やって来た」
「登校中、交通事故に合ったそうだ。あの子はもう、戻って来ない」(敦子)

 

「最後のメッセージがこれって……」(敦子)

 

「これから、あの子のいない日常を生きていく。あの子がくれた新しい世界を、ちゃんと生きていく」
「だから、もしこの命が尽きて、新しい命に生まれ変わることが出来るなら、その時はもう一度、あの子の友達になりたい」(敦子)

 

「とても悲しい夢を見て、カタリナ様に会いたくなったんです」(ソフィア)

 

「テストなんて嫌~ん。ずっと遊んでたいわ」(脳内カタリナ)

 

「じゃあ、そっちから行かないと!」
「行き止まりから行くのが遺跡ダンジョンのお約束よ! 宝箱が合ったりするんだから」(カタリナ)

 

「嫌です、離しません! 絶対に絶対に、もうカタリナ様を失いたくないんです!」(ソフィア)

 

8話 欲望にまみれてしまった…

「気分転換は必要だよね~!」(カタリナ)

 

「大丈夫です。テストの結果は、破滅フラグには関係ありませんし」(カタリナ)

 

「でもとにかく邪魔しなくては!」(メアリ)

 

「幻だろうとリアルだろうと、私は許しませんわ!」(メアリ)

 

「ダメェェェーーー!!! カタリナ様に『あ~ん』とか、絶対絶対ダメです!」(メアリ)

 

「メアリ様、大丈夫です。私がついています。状況は最悪ですけれど、その中で最良の方法を一緒に探しましょう」(マリア)

 

「皆様、現実世界に戻ったら、急に恥ずかしくなったようですわ」(メアリ)

 

「カタリナ様の慾望はどんどん膨れ上がり、本の許容量を越えたのではないかと」(マリア)

 

「そうだった。少し見るところを変えるだけで、世界はこんなに違って見えるのだったな」(アラン・スティアート)

 

「このまま、時が止まればいい」(アラン)

 

9話 パジャマパーティで盛り上がってしまった…

「大丈夫です。慣れております」(アン・シェリー)

 

「言い忘れてたわ。進級できたのは、アンのおかげよ。ありがと!」
「側にいてくれることが大事なの!」(カタリナ)

 

「色気とか言われたって、肝心な人に効かないんじゃ、そんなの、意味ないじゃないか」(キース)

 

「カタリナ様のいったい何がそんなに人を引きつけるのか? そういう私も本当は分かっている」(アン)

 

「私はただの道具。もう要らない存在になってしまった」(アン)

 

「あまりにも規格外のお嬢様。どう接すればいいのか分からず戸惑ったが、気がつけば自分の意思で、自分の言葉で話すことを覚えていた」

「誰に対しても平等で、明るく生き生きとしたカタリナ様の前では、私は、ただの道具ではいられなかった」(アン)

 

「お願いがあります。どうかアンの結婚話を考え直して下さい!」

「私には、アンが必要なんです! 側にいてもらいたいのです! 連れて行かれては困ります!」(カタリナ)

 

「このお話は、お断りさせていただきます!」
「わたくしはお父様の言いなりにはなりません!」(アン)

 

「カタリナ様は私を、アン・シェリーという、一人の人間にしてくれた」

「私はどこへでも、ずっと一緒に着いて行きます。私が幸せである場所は、カタリナ様の側なのですから」(アン)

 

10話 破滅の時が訪れてしまった…前編

「これこそ、ゲームのカタリナの断罪イベントそのものの光景。ついに来てしまった、私の破滅フラグ!」(カタリナ)

 

「この話は……全くのデタラメです! 私の大切な方を侮辱しないで下さい!」(マリア)

 

「こんな状況証拠だけを持って来てちゃんとした証拠とは……笑ってしまいますね」(ジオルド)

 

「そもそも、ここに書かれたような緻密な嫌がらせなんて、単純な姉さんに出来るはずがないよ」(キース)

 

「本当ですわ。カタリナ様がこのようなことをなさるはずがありません! カタリナ様はとても単純な方です!」(メアリ)

 

「全くその通りだ! このバカはそもそもこんな手の込んだ嫌がらせは出来ない。バカだからやるとしたら真っ向勝負しか出来んのだ!」(アラン)

 

「そうですわ。カタリナ様にそんな器用さはありません!」(ソフィア)
「その通りだ」(ニコル)

 

「何だろう? みんな恐らくかばってくれてるんだけど……けなされてる気もする」(カタリナ)

 

「いや~、よかったよかった! 乗り切ったぞ、断罪イベント! 回避してぞ、破滅フラグ!」(カタリナ)

 

「そうだ。私はあっちゃんからゲームの隠しキャラの存在と、そのエンディングを聞かされていた。何でこんな大事なこと、今まで忘れてたの? 私は本当にバカだ!」(カタリナ)

 

11話

「いつもの日常、変わらない毎日なのに。何でかな……とても懐かしくて、愛おしい」
「だけど……あたし、何か大切なことを忘れてしまっているような?」(カタリナの夢)

 

「それまでは退屈、つまらないといった感情しか知らなかった。嬉しいも楽しいも、何も知らなかった僕に、君は全てを教えてくれた。嫉妬の切なさを、全て」(ジオルド)

 

「怖い……あいつを失うのが。俺はなんて鈍いんだ。今になって初めて自分の気持ちに気が付くなんて」(アラン)

 

「私はとっても楽しいよ。あなたに会えて、またこうやって過ごすことが出来て。でもね、もうあなたの世界はここじゃないでしょ」(敦子)

 

「何で、忘れてしまっていたんだろう? 少し口うるさいけど、優しい家族。オタクな親友、大好きな乙女ゲーム。この世界は、とても居心地がいい」

「だけど、私、戻らないと! 大切な人達が待っていてくれている世界に!!」(カタリナ)

 

「さようなら。ありがとう、私の大切な親友」(敦子)

 

「私の世界はここだ。この世界を、大切な人達を守りたい。バッドエンドには絶対にさせない!」(カタリナ)

 

「いえ。私の勘よ!」(カタリナ)

 

12話

「あなたが苦しんでいるのを、救ってあげることは出来ないけど、でも、そばにいてあげることは出来るから」(カタリナ)

 

「でも、まだ油断は出来ないわ。ゲームの最終イベント、2年生の卒業パーティーは、これからなんだから!」(カタリナ)

 

「でも……今なら大きな声で言える。こんなに素敵な人達に出会えて、私、カタリナ・クラエスは、とても幸せ者だと」(カタリナ)

 

「この先、どんなことが起きるのか、それは私にも分からない。ゲームのシナリオには無かった、新しい季節がやってくる!」(カタリナ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」 Blu-ray vol.1

 

→アズールレーン
→異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
→痛いのは嫌なので防御力に極振り
→ウマ娘
→オーバーロード
→シュタインズ・ゲート
→シュタインズ・ゲート・ゼロ
→ソードアート・オンライン
→アリシゼーション
→ガンゲイル・オンライン
→プリンセスコネクト!Re:Dive
→野生のラスボスが現れた!
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました