「テセウスの船」の名言まとめました

マンガ「テセウスの船」の名言をまとめていきます。

テセウスの船

1巻

「よく聞いてね、心。お父さんは殺人犯なの。だから私たちは人様の前で、笑顔や涙を見せられる立場じゃないからね。外では決して……笑ったり……泣いちゃいけないからね」(田村和子、心の母親)

 

「俺は……夢はもう諦めた。殺人犯の息子じゃ無理なんだよ」(田村心)

 

「俺さ、今までずっと思ってた……こんな過去なければいいのに。もしも別の過去だったら、どんなによかっただろうって……」

「でも俺、今、幸せだよ……この幸せを由紀と一緒に築いていきたい、守っていきたい。これが俺の全てだ」(心)

 

「佐野が冤罪なら、この子は取られなくて済むんだ。俺と同じ思いさせないで済むんだ!」(心)

 

「心、この話、どういう意味かわかる?」「運命は変わらないってこと」(田村鈴、心の姉)

 

「これを全部変えたらどうなる?」(心)

 

2巻

「考えていても答えは出ない……これから起きる悲劇を知っている以上、見ぬふりなんてできない」(心)

 

「でもね……世の中に本当に悪い人はいるのかって……悪人は本当に悪人なのかって」(佐野文吾、警察官、未来の容疑者)

 

「それでも相変わらずよ……未来でも家族とやかましくしてたいなぁ」(佐野)

 

「償い……みたいなものが最初の動機だったと思います」
「昔ちょっと事件があって、自分は子供たちを守ろうって思いました。それしかないんじゃないかって」(心)

 

「きっと意味があるんだよ。心さんがここに来たのには意味があるんだ」(佐野)

 

「死んじゃえとか言うな!」
「本心じゃないのはわかる……! でもそういうことを軽々しく口にするな! 死んでいい人間なんていないんだ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
テセウスの船 コミック 全10巻セット

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました