「薬屋のひとりごと」の名言まとめました

マンガ「薬屋のひとりごと」の名言をまとめていきます。

薬屋のひとりごと

1巻

「むせ返る化粧の香り、美しい衣に薄っぺらい微笑み。御殿も花街も、大して変わらないな」(猫猫)

 

「田舎娘の識字率なんて、半分いけば上出来だろう。そんな下女でもごく稀に、下級妃になることがある。要は見た目だ……私には関係ない話だな」(猫猫)

 

「人生とは、何が起きるかわからない」(ナレーション)

 

「莫迦だろう、あのヤブ。あれだけ妃二人のそばにいて、本当に気付いてないのか」(猫猫)

 

「無知は罪ですね。赤子の口に入るものなら、もっと気にかけていれば良かった」(玉葉妃)

 

「世の中は無知なふりをしていた方が立ち回りやすいのだ」(猫猫)

 

「命と美貌を天秤にかけ、結局どちらも失って逝った彼女たちを覚えていただけのこと。元は薬屋でしたので」(猫猫)

 

「にしても、毒が怖いなら銀にするのは基本でしょうに」(猫猫)

 

「折角個室になったんだ。毒ヘビでもいれば実験できるんだけどな」
「う~ん。このままでは豚になる」(猫猫)

 

「時間と材料と道具さえあれば、準ずる物なら作れます」(猫猫)

 

「私の存在こそが女官の試金石だと、籠の小鳥たちは幾人気付いているのだろう」(壬氏)

 

「よく働く高順に比べあの上司は、何もしないならどこか行けよ」(猫猫)

 

「顔だけ無駄にいいというのも考えものだ」(猫猫)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
薬屋のひとりごと(1)

 

→インベスターZ
→賭ケグルイ
→監獄学園
→殺戮の天使
→DEATH NOTE
→テセウスの船
→にぶんのいち夫婦
→化物語
→ハッピーシュガーライフ
→バビロン
→ブギーポップは笑わない
→約束のネバーランド
→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました