「無限の住人」の名言まとめました

アニメ「無限の住人~IMMORTAL~」の名言をまとめていきます。

無限の住人~IMMORTAL~

1話 遭逢─そうほう─

「百人斬り。嘘かホントか、嫌と言っても、教えてやるよ」(万次)

 

「私、冗談で笑える気分じゃないの」(浅野凜)

 

「奴ら、皆殺しにしてやります!」(凜)

 

「いやいや、夢があればこその人生。ぬしのややがそれを叶えてくれるかもしれん」(八百比丘尼)

 

「万次さん。私、八百比丘尼さんから聞きました。あなたは、昔犯した罪をあがなうために、悪人を斬らねばならない命運にあると。だから、断れるはずは無いと」(凜)

 

「で、引き受けるにはよ、誰が善で誰が悪か、知っとく必要があるよな。人間ってのは、利害が絡めば、てめえを正義と思いたがる生き物だからよ。善人きどりで被害者づらした連中の共犯者にはなりたくねえな」

「それをやってる内は、ただの犯罪人だ」(万次)

 

「侍ってのはよ、達人なら意味のねえ殺しはしねえもんだ。結局は私怨だろ。復讐の連鎖ってやつよ」(万次)

 

「復讐のために全てを投げる覚悟はあるのか?」(万次)

 

「両手に剣を持った達人と素人剣法とじゃ、龍とミジンコだ」(万次)

 

「痛えし、驚いた。だから、人間だろ!」(万次)

 

「死ねるてめえは幸せもんだ!」(万次)

 

「平気だ、俺は死なねえ。俺は死ねねえんだ」(万次)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました