「見えない所に気を使うのが乙女のたしなみですのに」とある科学の超電磁砲・白井黒子の名言

「見えない所に気を使うのが乙女のたしなみですのに」

アニメ「とある科学の超電磁砲(レールガン)」20話、白井黒子の名言。
今回はこの言葉について考えていく。

状況の確認

浴衣を着て御坂美琴と一緒に花火大会に向かう黒子。しかし美琴がいつものように短パンをはいているのを歎く。

しかし美琴は見えないからいいと話すが、その時に黒子が伝えたのが今回の名言となる。

感想と考察

まったくその通り、反論の余地は無い。ただ黒子の場合は欲望がダダ漏れなので、言葉通りに受け取れないのも、また事実。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
とある科学の超電磁砲 Blu-ray BOX

→とある科学の超電磁砲
→「そういう三下の台詞は、死亡フラグ」
→「自信が無いなら取り戻すまで、不安が」
→「己の信念に従い、正しいと感じた行動を」
→「もう心に決めてますの。自分の信じた」
→「レベルなんてどうでもいいんじゃない」
→「大丈夫。最後はきっと上手くいくさ」
→「居場所ってのは、自分が自分でいられる」
→「夏は女を狩人に変えるんです」
→「立場が違えば、私も同じことを」
→「教師が生徒を諦めるなんて出来ない!」
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク