「夏は女を狩人に変えるんです」とある科学の超電磁砲・月詠小萌の名言

「夏は女を狩人に変えるんです」

アニメ「とある科学の超電磁砲(レールガン)」17話、月詠小萌(先生)の名言。
今回はこの言葉について考えていく。

状況の確認

アンチスキルの鉄装綴里は仕事での失敗が続き悩みを抱えていた。先輩の黄泉川愛穂と月詠小萌先生と一緒に屋台で飲んでる時、いろいろとアドバイスされる。

気分転換として趣味や好きなことをするように言われるが、綴里には何も浮かばない。その時に笑顔で月詠先生が話したのが今回の名言となる。

感想と考察

小学生のような外見を持つ月詠先生だが、きちんとした大人の高校教師。発言や行動は常に年相応だが、ほとんど犯罪に近い?

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
とある科学の超電磁砲 Blu-ray BOX

→とある科学の超電磁砲
→「そういう三下の台詞は、死亡フラグ」
→「自信が無いなら取り戻すまで、不安が」
→「己の信念に従い、正しいと感じた行動を」
→「もう心に決めてますの。自分の信じた」
→「レベルなんてどうでもいいんじゃない」
→「大丈夫。最後はきっと上手くいくさ」
→「居場所ってのは、自分が自分でいられる」
→「見えない所に気を使うのが乙女の」
→「立場が違えば、私も同じことを」
→「教師が生徒を諦めるなんて出来ない!」
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク