「ランウェイで笑って」の名言まとめました

アニメ「ランウェイで笑って」の名言をまとめていきます。

ランウェイで笑って

1話 これは君の物語

「身長を誤魔化すための履き方ほど、醜いものは無いわ。それに服が似合うだけのモデルなんてごまんといるの。ショーモデルの仕事はあなたを見せるんじゃない、服を見せるの」(成岡雫)

「折れないよ、私は」(藤戸千雪)
(身長が足りないと言われ続けても)

「ああ、そっか。都村くんは私と一緒なんだ。目指したいものはあっても、生まれ持ったものがそれを許してくれない。でもそんなの諦める理由には……」

「あれ? 私、なんて言った? 嘘だ、無理? 誰が? 都村くんが、それとも私?」(千雪)

「もう諦めない! やれること全部やってやる!」(千雪)

「僕が作った服で喜んでくれる人がいるなら、それでいいんだ」(都村育人)

「雫さん、私、諦めないよ。パパがモデル事務所を立ち上げたこと、雫さんのステージを見たこと、私の人生の全部が、あの場所に行きたいって叫ぶの」

「だから、私じゃいられないんだよ、諦めちゃったら!」(千雪)

「そうだ。私の夢は、ただパリコレに出ることだけじゃ無い。パパの事務所『Mille neige(千の雪)』から、パリコレに出ることなんだから」(千雪)

「服は人を変えられる、だから僕は服を作りたい」(育人)

2話 プロの世界

「ここで動かなかっら、何も変わらないよ。ホントはなりたいんでしょ、ファッションデザイナー」(千雪)

「私、素人が作った服、着るつもりないから」(千雪)

「それでも、諦めて欲しくない。私はね、自分で言った言葉を払拭したいの。私でも、パリコレに出るのは無理じゃない、君でも、デザイナーになるのは無理じゃないって。私のためにも証明したいんだよ」(千雪)

「もう一度、藤戸社長に会うのは怖い。けど、そんな弱さが、勇気に変わる服を作ります。僕がプロになれたら、また着てくれますか?」(育人)

「着る人間からしたら裏も表だ! ふざけるな!」(柳田一)

「私が及びじゃ無いってことぐらい、私が一番分かってる。それでもやらなきゃ、私にとってはチャンスだから」(千雪)

「誰も見てない、ここはプロの現場だから。裸がモデルの衣装だって、全員が知ってるんだよ」(千雪)

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ランウェイで笑って Blu-ray 上巻

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク