「ランウェイで笑って」の名言まとめました

アニメ「ランウェイで笑って」の名言をまとめていきます。

スポンサーリンク

ランウェイで笑って

1話 これは君の物語

「身長を誤魔化すための履き方ほど、醜いものは無いわ。それに服が似合うだけのモデルなんてごまんといるの。ショーモデルの仕事はあなたを見せるんじゃない、服を見せるの」(成岡雫)

 

「折れないよ、私は」(藤戸千雪)
(身長が足りないと言われ続けても)

 

「ああ、そっか。都村くんは私と一緒なんだ。目指したいものはあっても、生まれ持ったものがそれを許してくれない。でもそんなの諦める理由には……」

「あれ? 私、なんて言った? 嘘だ、無理? 誰が? 都村くんが、それとも私?」(千雪)

 

「もう諦めない! やれること全部やってやる!」(千雪)

 

「僕が作った服で喜んでくれる人がいるなら、それでいいんだ」(都村育人)

 

「雫さん、私、諦めないよ。パパがモデル事務所を立ち上げたこと、雫さんのステージを見たこと、私の人生の全部が、あの場所に行きたいって叫ぶの」

「だから、私じゃいられないんだよ、諦めちゃったら!」(千雪)

 

「そうだ。私の夢は、ただパリコレに出ることだけじゃ無い。パパの事務所『Mille neige(千の雪)』から、パリコレに出ることなんだから」(千雪)

 

「服は人を変えられる、だから僕は服を作りたい」(育人)

2話 プロの世界

「ここで動かなかっら、何も変わらないよ。ホントはなりたいんでしょ、ファッションデザイナー」(千雪)

 

「私、素人が作った服、着るつもりないから」(千雪)

 

「それでも、諦めて欲しくない。私はね、自分で言った言葉を払拭したいの。私でも、パリコレに出るのは無理じゃない、君でも、デザイナーになるのは無理じゃないって。私のためにも証明したいんだよ」(千雪)

 

「もう一度、藤戸社長に会うのは怖い。けど、そんな弱さが、勇気に変わる服を作ります。僕がプロになれたら、また着てくれますか?」(育人)

 

「着る人間からしたら裏も表だ! ふざけるな!」(柳田一)

 

「私が及びじゃ無いってことぐらい、私が一番分かってる。それでもやらなきゃ、私にとってはチャンスだから」(千雪)

 

「誰も見てない、ここはプロの現場だから。裸がモデルの衣装だって、全員が知ってるんだよ」(千雪)

 

3話 ランウェイで笑って

「出来るかどうかじゃなくて、やります!」(育人)

 

「おい、おかっぱ。ブランドが何で出来てるかだけ考えろ、いいな」(柳田)

 

「私を見て! ね、得意でしょ。私に似合う服作るの」(千雪)

 

「何言ってんの、叶ってないでしょ。ここは都村くんのブランドじゃ無いじゃん」
「早くしてよね。あんまり遅いと、駆け出しのデザイナーじゃ雇えないくらいの、ハイパーモデルになっちゃってるから、私」(千雪)

 

「緊張してる場合じゃ無い。それに、都村くんには、負けたくないでしょ」(千雪)

 

「それこそ、人生を変えられた人、いるかもよ」(千雪)

スポンサーリンク

4話 若き才能たち

「好きの先に何か見つけねえと、待っているのは挫折だけだぞ」(柳田)

 

「誰かの犠牲の上に夢叶えたって、何にも嬉しくない」(都村ほのか)

 

「着た人が笑顔になる。そんな服を作れるデザイナーになりたい。そんな願いじゃ、野望になりませんかね」(育人)

 

「いや、僕のポリシーでね。デザイナーはトップでいて欲しいんだよ」
「デザイナーが考えるからデザインはデザイン足りうる。僕らはデザインの奴隷だから、デザイナーが考えるデザインにスタッフが口をはさむなんて許されない」(綾野遠)

 

5話 それぞれの流儀

「いつも街を歩くように、普通に足を動かしなさい。後は勝手に、私の服が歩かせてくれるから」(綾野麻衣)

 

「上手く言えないんですけど。やりたいことはやるべきで、認めてもらうには、自分から一歩踏み出す。そう、尊敬する人から学びました」(育人)

 

「ああ、そっか。みんなライバル、馴れ合いなんて必要ない」
「馴れ合いと、感謝は違う」(育人)

 

「ただ……かわいそうって言葉だけは、言わせっぱなしにさせない!」(育人)

 

「モデルって、自分の足で仕事を取りに行かないといけないんだよね。だからまず、動こうと思って」(千雪)

 

6話 優越感と劣等感

「育人のこと、結構尊敬してるんだ」
「出来ないから感心するし、尊敬するし、負けたく無いって思うの」

「だからね、育人、勝って。勝たないと、その努力が証明できない」(千雪)

 

「個人の都合で、デザインを最高の状態で再現することを後回しにしたのは、服を作る者として真摯じゃない」
「そこにたとえどんな理由が合ったって、客には一切関係ない」(遠)

 

「祖母に力が認められれば、独り立ちが許される。僕は、そのために生きてきた」(遠)

 

「私の前でネガティブなこと言わないで!」(千雪)

 

「しまった……期待しすぎてた」
「向けられない視線、冷たい言葉……いつも通り、引き締めろ!」(千雪)

 

7話 存在感(オーラ)

「本当に、誰でも良かったんだ……なら、出来る中で精一杯やろう。顔が写らないなら、写る所は少しでも、綺麗に」(千雪)

 

「相手をけなすことで安心する。そんな、自分を正当化するための貶めからは、自信は生まれない。そんなモデルの心からは、オーラは出ない」(雫)

 

「あなたがどんな思いでモデルやってるかなんて知らないけど、こっちは本気でやってる! なのに、私の覚悟を何だと……」(千雪)

 

「安い土下座だな。泣いてデコ付ければ許してもらえると思ってんのか?」(柳田)
「違う。上に一方的に辞めろって言われたら、僕ら下っ端が誠意を見せられる方法なんて、ほとんど無いんですよ!」(育人)

 

「実力が無い人間がやらなきゃいけないことは、二つだけだ。実力を上げることと、出来る仕事を全力でやること」(柳田)

 

8話 デザイナーの器

「24時間、頭も体も、全て作品に捧げてる人間の前で、あんまりなめたこと言わないでよ」(遠)

 

「なんで……みんなそうやって、僕の大事なものと大事なものを、天秤にかけて奪おうとするんだ」(育人)

 

「頑張りが報われる世界なら、なぜチビはいいモデルになれない」(マネージャー)

 

「僕、ファッションデザイナーになれると、思いますか?」(育人)
「私からしたら、ならない方が驚きだよ」(藤戸社長)

 

9話 好敵手(ライバル)

「現場も、実の父親も、憧れの人からだって、一度見放された。それなのにどうして……どうして君は、いつだって、いて欲しい時にそこに現れて」
「私は、そんな君の言葉に、救われちゃうんだ」(千雪)

 

「僕のショーのメインは、千雪さんです。千雪さんがどうしたいかも、僕は聞きたいです」(育人)

 

「モデルは、トップクラスでそろえて頂戴。ねじ伏せてやるから」(千雪)

 

「わたしはさ、認めてもらうより、見返したい人ならいるの」
「じゃあ、やってやろうよ、私達で」(千雪)

10話 負けられない

「負けないから」(千雪)
「僕もです」(育人)

 

「負けたと思ったんだ。なぜ、都村育人を気に入らないか。それは、私が負けず嫌いだから」(木崎香留)

 

「当たり前だけど意識してこなかったな。服にはいい服と悪い服がある。今から僕は、良し悪しを評価されにいくんだ」(育人)

 

「世の中には予想が付かないことを、もてはやす風潮があるけど、予想が付くってことは、一本太い線が通ってるってこと」(高岡祥子、学園長)

 

11話 約束

「勘弁してよね。わたしと心はチームだけど、ライバルなんだから」(千雪)

 

「それはあなたが考えるの。本気でデザイナー目指してるなら、そこだけは譲っちゃダメ」(千雪)

 

「私も長谷川さんのこと好きじゃない」
「だから、馴れ合いじゃない。勝つチームになろうよ」(千雪)

 

「恩は、返したいの。私に自信を持たせてくれた人だから」(長谷川心)

 

「ウォーキングは演技。それぞれの服の魅力を全部歩きで表現しないといけない」(セイラ)

 

「ヤバい! めっちゃ楽しい!」(千雪)

 

「私はモデルとして、勝てる可能性がある。私はまだ、挑める!」(千雪)

 

12話 これは僕の物語

「それは無いんじゃない、まだ噛み合ってないだけでしょ。あいつ才能あるし」(千雪)

 

「悔しいです。めちゃくちゃ悔しい」
「何というか、初めてだったんです。こんな気持ちになるんですね。もう、誰にも負けたくない」(育人)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ランウェイで笑って Blu-ray 上巻

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました