「恋する小惑星(アステロイド)」の名言まとめました

アニメ「恋する小惑星(アステロイド)」の名言をまとめていきます。

恋する小惑星(アステロイド)

1話 二人の約束

「それに、無ければ付けちゃえばいいんじゃない」(木ノ幡みら)
(過去の回想。「あお」と名乗る少年?は、自分と同じ名前の星が無いことを話す)

「そうかな~? 宇宙から見たら、どっちも一緒じゃな~い?」(鈴矢萌、通称:すず)
「凄い! すずちゃん視点がギャラクティック!」(みら)

「あの時、出会った男の子は、女の子だったのです」(みら)

「気になるなら直接話に行っちゃおうよ。深く考えずに動けちゃうのが、みらのいいとこなんだからさ」(すず)

「同じ夢があるなら、きっとすぐに仲良くなれるよ」(すず)
(あることから臆病になってしまったあおに対して)

「私、真面目にやることばっかり考えてた。私達の活動、もっといろんな人に知ってもらわなきゃよね」(桜井美景)

2話 河原の天の川

「それに、最初から難しいこと言っても、頭に入らないだろうし」(美景)

「色も形もみんな違うし、それこそ星の数ほどありますから」(猪瀬舞)
(石について聞かれた時)

「今発見されている小惑星は、約50万個。世界中で高性能の望遠鏡が観測してるから、大きいものはほとんど発見されちゃってるんだって。見つけられるかな、私達」(真中あお)

「でも、おかげでみさ姉とのやりとりがはかどって、私的には七夕状態!」(すず)
(みらとケンカした姉・みさから相談を受け喜ぶ)

「職業病ならぬ、部活病ですね」(あお)

「深い地層に閉じ込められた、大昔の海水のこと。どちらにせよ、長い時間を掛けて、今ここに出てきたお湯ってことね」(美景)
(みんなで温泉に来て)

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
恋する小惑星 Vol.1 [Blu-ray]

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク