「はい、任されました」SAOアスナの名言

「はい、任されました」

アニメ「ソードアート・オンライン(SAO)」9話、アスナの名言。
今回はこの言葉について考えていく。

状況の確認

一時的にキリトとパーティーを組み攻略を行うアスナ。その時にクライン達と出会う。

ゲーム開始時にキリトにいろいろ教えてもらったクラインは、キリトの性格的な面を気にしてアスナに次のように話し頭を下げる。

「口下手で無愛想で、戦闘マニアのバカタレですが、キリトのこと、よろしく頼んます」

その言葉を聞いたアスナが笑顔と共に話したのが今回の名言となる。

感想と考察

この時のキリトとの関係は、せいぜい信頼できるパートナーに過ぎない。しかし結果はこの笑顔が全てを物語っている。

これ以上の言葉は不要だろう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX

→ソードアート・オンライン
→「レベルなんてただの数字だよ」
→「誰かを見殺しにするくらいなら」
→「悪いな。お前さんとこの副団長は」
→「私は死なないよ。だって私は」
→「俺の命は君の物だ。アスナ」
→「疑って後悔するよりは」
→「キリト君は私にとってここで過ごした」
→「死んでもいいゲームなんて温すぎるぜ」
→「仲間はアイテムじゃないぜ」
→「この世界で欲望に身を任せれば」
→「決着をつける時だ。泥棒の王と」
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク