「PSYCHO-PASS サイコパス3」の名言まとめました

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス3」の名言をまとめていきます。

PSYCHO-PASS サイコパス3

1話 ライラプスの召命

「このシステムと長い鎖国政策により、日本は世界紛争の悲劇を免れ、唯一の平和な国となった」
「だが、そのために私達は、何を犠牲にし、そして、何を忘れ去ったのだろうか?」
「答えは、深い闇の中にある。この社会に潜む本当の、罪とともに」(常守朱)

「鎖国であれ開国であれ、重要なのはシビュラシステムにとって理想的か否かです」(霜月美佳)

「有能なのは間違いない。規定に違反しない限り、遊撃させる。サポートしてあげて」(美佳)

「超能力じゃない、灼の個性だ」(炯・ミハイル・イグナトフ)

「それは刑事だからです」(ミハイル)

2話 テウメソスの生贄

「狐は他にもいる。猟犬から逃れ続ける存在が」(狡噛慎也)

「その必要は無い。あの人のために、俺が何をなすべきかは分かってる」(宜野座伸元)

「それと、監視官でいたいのなら、上司の指示に、システムの利益に従いなさい」(美佳)

3話 ヘラクレスとセイレーン

「それを決めるのは、人間であるべきです」
「そのために、ドミネーターには引き金が付いてるんですから」(慎導灼)

「俺は真実に手が届くなら、何でもするよ」(灼)

4話 コロッセオの政争

「ジャーナリズムを学べば学ぶほど、伝達された情報を何も考えず丸呑みにする方が、人にとって楽なんだと分かりますから」(六合塚弥生)

「関係ない。何をなすべきかは、自分で決める」(ミハイル)

「もちろんシビュラは信用してる。だが、システムだけが全てじゃない」
「俺も灼もそう思ってるだけだ」(ミハイル)

「あれは……情報網を引き継いだだけよ。先輩の……仕事をね」(美佳)

6話 カエサルの金貨

「誰からも見放された時、手を差し伸べてくれる存在は必要じゃないか」(ミハイル)

「焦ってるんじゃなくて、どんな手を使ってでも、被害者を増やしたくないんです」(灼)

「2人とも二度と会えないかもしれない。死人との約束なんて、きついですよね」(灼)

7話 Don’t take God’s name in vain

「執行官は盾じゃない、人間だ!」(灼)

「誰も使い捨てにはさせない。必ず彼らは、自分達の力で真実にたどり着く」(朱)

8話 Cubism

「退屈な存在に過ぎないことは分かってます」(美佳)

「でも、もうちょっと本音で話してくれてもいいんじゃないですか。先輩の、ためなんでしょ?」(美佳)

「安全に暮らす連中がリスクを取るのは、その安全が揺らぐ時だけだからな」(狡噛)

「自分の役割は、一係を守ること、だからね」(雛河翔)

「まさか。こいつの人間への興味の無さには吐き気がしますよ。大勢が暮らすこの世界を、ただの巨大なパズルとしか思ってない。人間をゲームの駒にしてるんだ。選択を間違えた人間が勝手に死ぬ、そういう仕組を作ってる」(灼)

「あんたの信念は正しかった。胸を張ってそう言える日が必ず来る」
「ああ、長い旅の土産話がある」(狡噛)

「僕自身の正義が何なのか、正直分かりません。ただ、真実はコントロール出来ない」(灼)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
PSYCHO-PASS サイコパス3 Vol.1 [Blu-ray]

→PSYCHO-PASS サイコパス
→PSYCHO-PASS サイコパス2
→PSYCHO-PASS サイコパス(常守朱)
→PSYCHO-PASS サイコパス(狡噛慎也)
→PSYCHO-PASS サイコパス(宜野座伸元)
→PSYCHO-PASS サイコパス(征陸智己)
→PSYCHO-PASS サイコパス(槙島聖護)
→PSYCHO-PASS サイコパス(雑賀譲二)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク