「アサシンズプライド」の名言まとめました

アニメ「アサシンズプライド」の名言をまとめていきます。

スポンサーリンク

(アマゾンだけでなくネトフリやdアニメもテレビで見れます)

アサシンズプライド

1話 暗殺者の慈悲

「彼女の人生は苦しみに満ちている。これからもずっと苦しみ続ける。その苦しみが報われる日は、永遠に訪れない。ならば、その連鎖を早々に断ち切ってやることが、暗殺者の慈悲、アサシンズプライドだ」(クーファ=ヴァンピール)

 

「私は髪を大事にしなくちゃダメなの! 聖都親衛隊(クレストレギオン)に入らなくちゃダメなの! そうしなくちゃ、私は誰にも……アンジェル家の子供だって認めてもらえない」(メリダ=アンジェル)

 

「ああ、本当に……笑えない冗談だ」(クーファ)

 

「そうか、ずっと1人で。私は見てみたいんだ。残酷な世界で戦っていたこの尊い少女が、いつの日か、認められる瞬間を」

「お嬢様、どうか俺にだけは、あなたを助けさせて下さい。あなたの力になりたいのです」

「お嬢様が俺に命を預けたように、俺もお嬢様に命を賭けたのです」(クーファ)

 

「さあ、これでもう後戻りは出来ない」

「だからどうか、マイリトルレイディ、私にあなたを、殺させないで下さいね」(クーファ)

2話 少女の世界が変わるとき

「今の俺が望むのは唯一つ。どうか、お嬢様が健やかであれと、それだけです」(クーファ)

 

「先生……私は先生の生徒になれますか?」(メリダ)

 

「運命の日は一週間後。それまでは、ご学友達にも勘違いさせておきなさい。なればこそ、彼女らはかつてない奇跡を、目の当たりにすることになるでしょう」(クーファ)

 

「彼は最高の先生よ! バカにするのは、この私が絶対に許さない! 試合であんたをギッタンギッタンにしてやる!」(メリダ)

 

「考えても見て下さい。今日お嬢様は、旦那様に話しかける勇気を得た。そして旦那様も、望んだ言葉では無かったにしろ、お嬢様に返事をなされた。これは大きな一歩です」(クーファ)

 

3話 臨界点の彼方に

「住んでいるというより、どうにか生き延びているといった状態でした」(クーファ)
(夜会というひどい世界で育ったため)

 

「私の手は、ずっと先生のために空けておきます」(メリダ)

 

「先生に教わったの。周囲のあらゆる可能性を選択肢に入れて戦いなさい。必要とあらば、世界を壊してでも生き延びるのですって」(メリダ)

 

「なぜならば、あなたは俺の、自慢の生徒なのですから」(クーファ)

 

4話 鎖城に集う、乙女と乙女

「お嬢様。たとえ世界中が疑おうと、俺だけはあなたの味方です。だからお嬢様も、俺を信じて。俺があなたを信じているということを」(クーファ)

スポンサーリンク

(アマゾンだけでなくネトフリやdアニメもテレビで見れます)

5話 黄金の姫と、白銀の姫

「なら大丈夫。そこで何があろうと、お二人の関係が崩れることはありません。好き同士は上手くいきます。俺とお嬢様のようにね」(クーファ)

 

「リタは弱いね」(エリーゼ=アンジェル)

 

「見なさい、エリー! 私の方が、あなたより強い! エリーがパラディンだろうと、たとえこの先、どれだけ強くなろうとも、私は、いつだって、その一歩前にいる」(メリダ)

 

「こんな所で負けたりしない。私はエリーの、お姉様だもの。それに私は、先生の生徒だもの」(メリダ)

 

7話 上も下も標はなく

「俺は、お嬢様が認めて下さるだけで、自分の価値を信じることが出来ますから」(クーファ)

 

「はっきりと言えるのは、無実を証明する手段が無い、ということです」(クーファ)

 

「今日はわがままを言ってごめんなさい。ちょっと、困らせたかっただけなんです」(メリダ)

 

9話 悠久の契約

「これは任務でも使命でもなく、ただのエゴです」(クーファ)

 

「世界中が先生にどんな目を向けようと、私だけは、あなたの味方です。だから、先生も信じて下さい。私があなたを、信じていると言うことを」(メリダ)

 

「私の命は、いつだってあなたと共にあります」(メリダ)

 

「こちらは寒い。お前は日なたの中で笑っていてくれ」(クーファ)

 

10話 迷宮図書館

「ですが俺は、お嬢様には無限の可能性があると感じております。俺は、俺は自負しております。世界中で誰よりも、メリダ様のことを理解していると」(クーファ)

 

「怖がらずに、よく見る。ううん、怖いものを、とことんまで分析!」(エリーゼ)

 

「楽しい! 先生の教え、先生の動き、先生の言葉。クーファ先生の全てが、私を動かす!」(メリダ)

 

11話 死神の使いたち

「命を賭けても、守るものがある。それこそが、わたくしの誇り」(学院長)
(生徒を敵から守るが負傷する)

 

「もしお嬢様の命が奪われる時が来るのだとしたら、それは、私だけの役目だ!」(クーファ)

 

12話 暗殺教師の矜持

「あなたがどこの誰だろうか存じ上げませんけど、仮面で顔を隠し、素性も明かせなような王様に、垂れる頭は無いわ」(メリダ)

 

「それを私が証明するの。もっともっと強くなって、聖都親衛隊(クレストレギオン)に入って、国中のみんなが認めるような、アンジェル家の子供になって、お父様とお母様の愛を証明してみせるの!」

「私は絶対、諦めたりしない! あなた達なんかに負けるもんかぁぁぁーーー!!!」(メリダ)

 

「あなたからは嘘つきの匂いがする」(エリーゼ)

 

「あなた、リタが本当に好きなのね。あなたがリタを思ってリタを貶めるのなら、私は、リタの背中からリタを支える。それが私のプライド!」(エリーゼ)

 

「聞きなさい、あなた達! 私は、侍クラスであることに誇りを持っているわ。侍だったから立ち上がることが出来たし、追いつきたい背中があるから、前に進む勇気が出せる」

「私は私で、私のままで、みんなに認めさせてみせる。私は、アンジェル家の聖騎士(パラディン)よ!」(メリダ)

 

「今すべきなのは何? 私達はマナ能力者なのよ」(メリダ)

 

「興味が無い、早く去れ!」(クーファ)

 

「私は見ていただきたいんです。残酷とも言えるこの世界で、いつの日か、私が認められる瞬間を。そして、預けるのでは無く、私も先生に、命を賭けたい!」(メリダ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

アマゾンリンク
アサシンズプライド 1 [Blu-ray]

 

→GATE
→ゴブリンスレイヤー
→最弱無敗の神装機竜
→ダンまち
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました