アニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」の名言まとめました

アニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」の名言をまとめていきます。

私、能力は平均値でって言ったよね!

1話 新天地でやり直しって言ったよね!

「私が目指すのはただ一つ」
「ごく平均的な、なんてことない普通の幸せです!」

ハンター養成学校に入学するまでの間、宿で泊まることにするマイル。
看板娘は有名になるようにお願いするが、マイルは力を込めて普通を訴える。

「そして……はい、来ました。異世界転生名物、暴走トラック!」

転生者となるマイルは、きっかけとなる過去を回想する。
その理由はおなじみの、暴走トラックから少女を助けたことだった。

「私、次の人生は普通に友達を作って、普通に生きたい」
「だから能力は、その世界の平均値でお願いします!」

現実世界では能力が高かったため、みんなと距離があり友達が出来なかったマイル。
転生特典を選べたため、望んだのは平均値だったのだが。

「私……私は、私はまだ成長期なんだからぁぁぁーーー!!!」

少女たちをさらっている組織の本拠地に着いたマイル達。
幼い体型をバカにされたマイルは、思わず力を解放してしまう。

2話 四人でパーティーって言ったよね!

「今度こそ普通に、平均値で過ごすんだ」
「出来たら上から5番目くらいで、適当に戦ってすぐ負けよう」

ハンター養成学校に入ったマイルは、現在の力を見るためのテストを受ける。
本気は出せないが上位を目指そうとするのだが。

「みんなが強くなれば、私の存在感が薄まるし、クエストも出来て一石二鳥!」

レーナ、メーヴィス、ポーリンの3人とパーティーを組み、クエストに挑戦するマイル。
しかし3人は弱いモンスターすら倒せないため、いろいろ教えることにする。

「ごめんなさい! ついつい楽しくなっちゃって!」

剣士のメーヴィスに教えるマイルだが、だんだん楽しくなってくる。
調子に乗りスピードを上げてしまい、メーヴィスの刀を折ってしまったため謝る。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク