アニメ「超余裕」の名言まとめました

アニメ「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! (超余裕)」の名言をまとめていきます。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

1話 超人高校生たちは異世界に来てしまったようです!

「もはや受け入れるしかないな」
「どうやら、私たちは……私たちがいた世界とは、異なる世界に来てしまったらしい」

乗っていた飛行機が墜落したはずだが、御子神司はエルム村で治療を受け目が覚める。
飛行機の墜落現場に来た司は飛び交うドラゴンを見て、異世界に来たことを受け入れる。

「それが世界を席巻した魅惑の調味料、マヨネーズだ!」

司たち7人の全快祝いとして、村では宴が開かれる。
司はこの世界には無い調味料・マヨネーズを作り、村人たちを喜ばせる。

「そして三つ目、当面は一番大事なことだが、この村の財政を立て直すことだ」

宴が終わった後、みんなにこれからを話す司。
情報収集と元の世界に帰る方法、そして決して裕福ではないエルク村を立て直すことだった。

「ニンニン!」
「でござる」

村に横暴な兵士がやってくるが、猿飛忍と一条葵は隊長以外を一瞬で倒す。
驚く隊長に対して、笑顔で返事をする。

「我々があまり本気を出しすぎると、この世界を壊してしまうからね」

不思議な状況にいるが、気楽に行くことを話す司。
それは実力がありすぎる自分たちが本気になると、バランスが崩れるからだった。

2話 勝人は本気で金儲けをするようです!

「嫌だね。俺は他人の足元を見るのは好きだが、他人に足元見られるのは大嫌いなんだよ」

街に商品を売りに来たエルクだが、一緒にいる真田勝人は交渉を決裂させる。
怒るエルクに対して、相手の商人がこちらの足元を見て商売してることを話していく。

「流されるまま、他人にいいように使われているだけの人生なんてつまんねえぞ」
「あんだけバカにされて、しかたねえで済ましていいわけがねえんだよ」

エルクも足元を見られてるのは分かっていたが、買取がここしか出来ないことを話していく。
しかし勝人はその姿勢が相手に利用されてると伝え、自分が変えることを宣言する。

「こいつの目には欲望がある。こういう奴は手駒に加えておいて損は無い」

ある方法で商売の権利書を手に入れた勝人の前に、身なりの汚い少女・ルーが現れる。
ルーは自由のためにお金を稼ぎたいと話し、その姿勢を評価した勝人は仲間に加える。

「企業として仕入れをする時、当然必要となるのは、金だ」
「だが、もっとも必要なのは、金よりも、信用だ」

商売の権利書を手に入れたが、肝心の商品が一つもないことを心配するエルク。
しかし勝人は信用と売り手の利益を優先するアイデアを出し、巨大な市場を誕生させる。

3話 ルーは自分の価値を自分で決めたようです!

「信用を無くした企業に未来はねえ。あんたはやりすぎたんだよ」

ある方法で悪徳なノイツェランド商会の息の根を止める勝人。
金ばかり見て信用を無くしていることを伝える。

「当たり前だろ。俺は元の世界じゃ魔王と呼ばれてる商人だぜ」

今回の決着を理解できないエルクだが、勝人の本心を聞く。
その悪辣ぶりに驚くが、勝人は不敵に笑いながら語っていく。

「絶対、損させないって!」
「だからね、先生……ルーを、今ここで買って下さい!」

逃げていたルーは奴隷商人に捕まり連れて行かれそうになるが、勝人は黙って見ている。
その真意に気づくルーは自分の意思で、勝人に自分を買って欲しいと伝える。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 第1巻 Blu-ray

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク