「超余裕」は面白い・面白くない?

2019年秋アニメ「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! (超余裕)」
この作品が面白いのか面白くないのか判断に迷っている。
今回はこの件について考えていく。

超余裕は面白くない?

まず実際に見てすぐの感想は「なんじゃこりゃ?」の一言に尽きる。

すぐに主人公たち7人の個別紹介があり、その設定が何かとんでもない。
飛行機落下で異世界に来てしまった7人を助けた村の少女・リルルが、御子神司に料理を食べさせる方法が、またまたあり得ない。

この段階で見るのを止めようと思ったが、とりあえず続けて見てみた。

キャラデザに特別感は無いが、作画はいいし動きもスムーズです。
ただ忍者設定・猿飛忍の「ニンニン」と、剣豪設定・一条葵の「でござる」は、聞いててちょっと恥ずかしくなった。

異世界に来たのも、最近ではおなじみなのか普通に受け入れる。(ただし1人は除く)
村人との対応や横暴な兵士への対応も、それぞれの特技を活かして圧倒的に処理している。
原作は知らないが、今後もこの展開が続いていくのだろう。

正直な所、ここまでで評価するべきことは無い。1話切りしてもおかしくない。
ただ体感としては、あっという間に終わってしまった。
ツッコミどころは多かったがイライラすることもなく、普通に楽しめたように感じる。

公式のツイッターで猿飛忍役の日岡なつみさんが、「体感3びょう」とつぶやいている。
「まさにそれ!」という感じ。批評家の視点を止めて純粋に見ると、楽しんでる自分を知る。

この感覚は前クールの「魔王様、リトライ!」に似ている。
この作品は最初1話切りしたが、最終的には楽しみにして見ていた。

結論として面白いか面白くないかを問われたら、分からないとしか言えない。
けど楽しいか楽しくないかと問われたら、楽しいと答える。

とりあえずこれからも視聴決定です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 第1巻 Blu-ray

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク