原作をアニメ化した時に面白くない作品になる理由を考えてみた

原作は面白いのにアニメ化されると面白くない作品がある。
今回はその理由を考えてみる。

原作は何が面白い?

そもそも原作の面白さとは何だろうか?
個人的な結論を言えば「心理描写」だと考えている。
たとえ一言だとしても、そこに到る心の動きを知ることでキャラに入っていける。

面白いアニメはこの部分にしっかりと時間を掛けている。
対して面白く無いアニメは、この部分を飛ばして会話だけで成り立たしている。
これでは物語として理解できても、真の意味を理解できない。

ただアニメしか見ていなければ、テンポがいいと感じるかもしれない。
しかし原作を知っていれば、「軽い」としか感じない。
どちらがいいかは好みで分かれるかもしれない。
しかし名作と言われる作品は、心理描写がしっかりしてる。

出来れば原作通りにして欲しいが、ある程度の改変は仕方ないのかもしれない。
しかし心理描写を外すことだけは止めて欲しいものです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク