アニメ化では原作から変えない方がいい理由を考えてみる

アニメ化される時に原作から改変することがある。
しかし改変は出来る限り止めたほうがいい。
今回はこの件について考えていく

なぜ改変はしない方がいいのか?

マンガにしろ小説にしろ、アニメ化される時に原作から改変されることが多い。
表現的なことや時間的な制約から、改変が絶対にダメとは思わない。
しかしどう考えても不要な箇所で改変してることがある。

改変するからには、何らかの意図はあると思う。

原作者が後で変更したいと考える場合があるかもしれない。
原作と全く同じでは、アニメとしての価値が無くなると考えてるかもしれない。
単にアニメスタッフが自分の好みを入れたいだけかもしれない。

他にも理由はいろいろあると思うが、一番大切なことを忘れていないか?
それは「なぜ原作がアニメ化されたか?」という事実だ。

アニメオリジナルは別だが、普通は原作が人気だからと考える。
原作が面白いからアニメ化するのに、「なぜ改変するのか?」ということだ。

これは個人的な意見だが、原作好きが望むのは次と考えている。

あのキャラの声が聞きたい。
あのキャラの動く所が見たい。
あのシーンを映像として見たい。

極端に言えば、ストーリーは確認作業に過ぎないのではないだろうか?
イメージとしては、映画の2回目を見る感じ。
楽しむという一面と、チェックするという一面が存在する。

アニメから入ったら別だが、原作から入るとアニメが原作を超える例は少ない。
純粋な比較ではなく、思い入れの比較になるせいかもしれない。

もちろんアニメは、原作を知っている人だけに向けて作っていないのは分る。
しかし原作を知ってる人の望みも叶えて欲しい所だ。

どうしてもの場合は仕方ないが、単なる好みで変えることだけは無いことを望みます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク