VOD「アニメ放題」を「dアニメストア」との比較で紹介する

VOD「アニメ放題」について、以前は「dアニメストア」より下に見られていた。
しかし最近はかなり改善されているため、その点を比較して紹介する。

「アニメ放題」の不満点は?

公平に判断するため、まず「アニメ放題」の不満点から考えていく。

作品数は「dアニメストア」の方が上

2019年9月19日現在において、作品数は下記になる。
アニメ放題:2496作品
dアニメストア:2986作品
現状では490作品の差が発生している。

視聴方法に制限が多い

「アニメ放題」の視聴はスマホなら問題ないが、PCで視聴する場合はブラウザが限られる。
「Internet Explorer」「Safari」のみで、「Microsoft Silverlight」のインストールが必要。
個人的には「Google Chrome」を使っているため、この点は少し面倒くさかった。

アマゾンのファイヤースティックを使っての視聴は出来ない。(「dアニメストア」は可能)
アマゾンのキンドルファイアでも視聴も出来ない。(こちらは「dアニメストア」も不可)

dアニメストアの方が先行配信数が多い

リアルタイムで放送してるアニメは、配信開始日がVODによって異なる。
現状において「dアニメストア」の方が、先行配信数が多い。
2~3日、最悪1週間程度変わることもあり、早く見たい人には大きなポイントになる。

PC視聴時において、画質を変更出来ない

「アニメ放題」をPCで視聴する場合、ネット環境に応じて画質が自動調整される。
しかし「WiMAX」のようにスピードは早いが容量制限がある場合、意識的に画質を下げたい。
長時間視聴する場合は、注意する必要があるだろう。

「アニメ放題」の利点は?

いろいろと気になる点もあるが、「アニメ放題」にも良さはある。

無駄な画像が表示されない

VODなら当たり前なのだが、「アニメ放題」の画像には無駄な画像は映らない。
対して「dアニメストア」の画像の右下には、常に「アニメストア」の白い表示が出る。
気にならない人にはならないが、個人的には非常に気になってしまう。

作品数は縮まっている

約1年前の情報を調べると、2社の作品数は800作品以上の差がある。
しかし現在では500作品以下になっている。
今後は分からないが、さらに縮まる可能性は大きいと考えている。

レアな作品が入っている

2社とも過去作品は充実してるが、「アニメ放題」には個人的にレアと考えてる作品がある。
ルパン作品は2社共にあるが、「カリオストロの城」は「アニメ放題」にしかない。
サンライズ作品は2社共にあるが、「無敵超人ザンボット3」は「アニメ放題」にしかない。

このように細かく見れば2社には、それぞれに取り上げる個性がある。
単純な作品数だけでは比較できない。

まとめ

それぞれがドコモとソフトバンクのため、キャリア決済したければそれで選ぶのもよい。
そうでなければ同じ料金のため、条件は変わらない。

客観的な評価としては「dアニメストア」の方が優勢なのは間違いない。
しかしそれは数値的なものであり、個々としてどちらが良いかは判断が難しい。

「アニメ放題」には1ヶ月のお試し期間があるため、実際に使ってみて判断するのが一番だろう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク