アニメ「文豪ストレイドッグス 3rd SEASON」の名言まとめました

アニメ「文豪ストレイドッグス 3rd SEASON」の名言をまとめていきます。

文豪ストレイドッグス「十五歳」編

26話 太宰、中也、十五歳

「太宰くん。なぜ君は死にたい?」
「僕こそ聞きたいね。生きるなんて行為に、何か価値があると本気で思ってるの?」

ポートマフィア時代の太宰と森鴎外。
死にたい理由を尋ねる鴎外に対し、生きる意味の無さを語る太宰。
これは噛み合っているのか、それとも噛み合っていないのか?

「てめえに選択肢をやろう」
「今死ぬか、情報を吐いてから死ぬか、どっちがいい?」

15歳の中也と太宰の初接触。
自分のテリトリーに踏み込んで来た太宰を攻撃し、中也は問いかける。

「今この部屋で、もっとも強大な暴力を持つのは、中也くんだ」
「だがマフィアにとって、暴力は指針の一つに過ぎない」
「マフィアの本質は、あらゆる手段で合理性をコントロールすることだ」

部屋にいるのは鴎外、太宰、中也の3人だが、一番強大な力を持つのは中也となる。
しかしある方法により、中也の行動を制限することに成功する鴎外。
マフィアの本質を話していくが、それは太宰に聞かせるようだった。

「聞き込みなんてタリいと思ってたんだよ」
「口封じに来た犯人をぶっ飛ばして、口を割らせる方がシンプルじゃねえか!」

事件の真相を知るため、聞き込みに来た太宰と中也。
しかし武装をした人物に銃を突きつけられる。
待ってましたとばかりに、中也は戦うことを選択する。
その光景を見ている太宰は、子供っぽい選択としてため息をつく。

27話 荒神は今

「君の敗因は異能が強すぎることだ」
「強すぎるから、狡猾さも周到さも育たない」

ある勝負をする太宰と中也だが、太宰の勝利で終わる。
怒る中也に対して、からかうように話す太宰だった。

「面白い。実に面白いよ、君たち」
「この中で一番強い力を持つ彼が、まるで狼に睨まれた羊だ」
「どうやら組織の頂点に立つっていうのは、想像よりも大変なものらしいね」

仲間に見つかった中也は、捕らわれた仲間を助けに行くように強要される。
しかし太宰と一緒に行動してるため、答えることが出来ない。
その光景を見た太宰は、力を持ち頂点に立つことの大変さを語っていく。

「それぐらいにしてあげなよ」
「彼は自分の異能をどう使うのか、自分で決めることが出来る」
「そんなことは考えれば子供でも分かるよ。議論の余地すら無い」

太宰と一緒に犯人を捕まえることを優先する中也。
しかし仲間は、ポートマフィアである太宰との行動を非難する。
止める太宰はバカバカしいとばかりに語り、さっさと歩き出す。

「ちげえよ、逆だ。神は存在するからだよ」

ある真実にたどり着いた中也。
理由を問いかける相手に対して、神の存在を語っていく。
そして太宰すら驚く真実も語るのだった。

28話 ダイヤはダイヤでしか

「死ぬは生きるの反対じゃなくて、生きるに組み込まれた機能の一部に過ぎないからだ」
「死を間近に観察しなくては、生きることの全体像はつかめない」

強敵を前にして、中也に協力して倒すことを提案する太宰。
死ぬことを望んでいるはずなのに、生きようとする行為を中也は不思議に感じる。
太宰は死を知るために、生の全体像を知る必要があることを話していく。

「つまり、自殺願望のてめえが生きたくなった、てことか?」
「試してみる価値はある、そう思っただけさ」

生きることについて、太宰に問いかける中也。
太宰にとって死ぬことが前提であり、生きるが試すことだった。

「なあ。何で俺が両手を封じて戦ってたか、教えてやろうか」
「いつか負けそうな時が来りゃ、そうすりゃ、ちっとは愛着が湧くと思ったんだ」
「この俺って人間にな!」

強敵に対して、常に両手をポケットに入れながら戦っていた中也。
しかしどうしても敵わないと判断し、手を封じていた意味を語りだす。

文豪ストレイドッグス 3rd SEASON

29話 咎与うるは神の業

「それで、見破ったから何ですか?」

ポートマフィアの幹部・エースは、捕まえたフョードルを仲間に引き入れようとする。
しかし逆にフョードルの異能力にハマってしまうが、既にそれは把握していた。
再び優位に立ったと考えるが、フョードルは冷静に状況を分析する。
知ることと対策があることは別ですからね。

「人間は簡単に、物事を自分で考えていると思い込みます」
「盗聴も時計も、自分で発見した物には価値があると信じ」
「思考を操られているとは考えたがりません」

エースはフョードルの異能力と対策を知ったと考え、実際に実行する。
しかし楽々と脱出に成功するフョードル。
捕まっていた時に親切に対応してくれた相手に、真実を語り始める。
最高の策略は、相手が喜んで罠にハマってくれること。

「彼は自分の頭で考え、自分で勝手に死にました」
「罪とは思考、罪とは呼吸。彼はそれらから解放されたのです」

自分の示した情報を勝手に理解して、勝手に死んだと語るフョードル。
そして死を解放と語っていく。
フョードルは太宰と同じように頭で勝負するタイプ?

30話 Slap the Stick & Addict

「君たちには、お礼を言わないと。おかげでやる気が出た」

1階にある喫茶店「うずまき」が襲われたことを知る武装探偵社。
自分たちのために襲われたが、乱歩の推理によりすぐに敵アジトを発見する。
あっさりと敵ボスにたどり着いた後、太宰は冷たく言い放つ。
本気モードの武装探偵社は、ちょっとやばい雰囲気に。

「女性との会話。モグラと漫談する方がまだ得意じゃ~!」

あるチップを調べてもらうため、元探偵社員の田山花袋を訪ねる国木田と敦。
しかし恋煩い中で、能力が使えないと話す田山。
さらに女性との会話が大の苦手だった。

31話 ヘルリス!/父の肖像

「大丈夫。何かあれば、先に刈り取る!」

下の喫茶店で働く元ギルドのルーシーは、必要以上に敦に敵意を向ける。
ビビる敦だが、一緒にいる鏡花は物騒なことを話し出す。

「あの子の入社祝いなら、安い買い物じゃ」

鏡花の入社祝いとして、あるものを贈る尾崎紅葉。
莫大な費用は掛かったが、それは鏡花の心を穏やかにするものだった。

「奥底にある他人の気持ちを推し量れる人間なんて、いやしない」
「分かった風な気持ちになるだけさ」
「私に言えるのは、一般論だけだ。人は、父親が死んだら泣くものだよ」

乱歩の代わりに調査に向かった敦は、施設の院長が亡くなったのを知る。
虐げられていたため喜ぶが、別の感情も溢れてくる。
疑問として問いかけた時、太宰は一般論として語りだす。

32話 フィッツジェラルド・ライジング

「君は記憶の中の男に言っている。ここにいるのは死人だ」

貧民街で元ギルドのボス・フランシスを見つけたルイーザ。
前と同じように命令して欲しいことをお願いするが、フランシスの心は折れていた。

「当然です。最初からタダで差し上げるつもりでしたから」

別れた後にルイーザはチンピラに絡まれるが、フランシスが戻ってくる。
力を得るために要求するフランシスに対して、自分の全てを差し出す。
思ったより力が出なかったことを話した時、笑顔で理由を伝えるルイーザだった。

「俺がいる部屋では俺がルールだ!」

男が裁判をしているが有罪になりそうな時、ルールを無視して現れるフランシス。
判事に注意されるが、そんなことは関係なかった。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク