アニメ「魔王様、リトライ!」は面白くない、だけじゃない!

2019年夏アニメ「魔王様、リトライ!」は決して面白い作品ではない。
しかし何かじわじわくる面白さがあり、私自身は見続けている。
今回はこの作品について書いていく。

面白くない?

詳しい内容の説明は省くが、簡単に言えば「ゲーム内・最強魔王の姿での召還」ものです。
「オー○ーロード」や「異世○魔王」に似てると言えば、知ってる人なら理解できるだろう。

どこかで見たようなストーリー&キャラ。
主人公が打ちのめされるような苦しさは無く、ハラハラもドキドキもしない。
映像は決してキレイとは言えない。
戦闘シーンに迫力は感じない。
主人公はかっこつけのおっさんであり、感情移入は出来ず、だみ声も抵抗がある。
村人たちのリアクションは引くレベルであり、何年前の作品?と疑ってしまう。

客観的に作品を評価すれば、褒める点は限りなく少ないだろう。

なぜおすすめなのか?

先程までいろいろ悪く書いてきたが、あくまで客観的・技術的な評価に過ぎない。
そのため、なぜおすすめかという理由は、次の一言に尽きる。

「それがどうした!?」

どこかで見たようなストーリー&キャラではダメなのか?
ハラハラやドキドキはしないとダメなのか?
映像はキレイでないとダメなのか?
戦闘シーンに迫力はないとダメなのか?
主人公はかっこつけのおっさんだとダメなのか?
感情移入は必要なのか?
村人たちのリアクションは、自然でなければならないのか?

「全ての答えはNOである」

どこかで見たストーリーや、ハラハラ・ドキドキ・イライラしない作品は安心感がある。

主人公・九内伯斗のおっさんキャラもだみ声も、慣れれば全く気にならない。

ヒロインのアクは「黄色い髪のレ○」みたいだが、見方を変えれば「かわいい」と同意語。
またCVは同クール「うちの娘。」ラティナ役の高尾奏音であり間違いない。

もう一人のヒロイン・ルナ(CV石原夏織)も、ちょろい感じがいい。
その姉(CV戸松遥)は女王様タイプだが、こちらもちょろい感じ。

九内の中身・大野の別キャラ・霧雨零にいたっては、恥ずかしいぐらいの正義感。
キャラチェンジ時は自動操縦のため、元に戻った後は大野自身が恥ずかしく感じるレベル。

冒険者・ユキカゼは男の娘。発言すべてが年齢制限に引っかかりそう……

そして極めつけは悪の親玉を演じている子安武人。説明は不要だろう。
またまだ見ていないが、次回7話には緑川光が出演するらしい。
この組み合わせに、何かを感じる人も多いだろう。

ここまでの結論を書けば、このアニメは「A級アニメ」ではない。
明らかな「B級アニメ」であり、そのように見るべき作品である。

一流の人達が低予算のため、楽しみながらB級アニメを作っている感じ。
そこにツッコミどころは多いが、むしろそこが楽しみでもある。

そのためこの作品はストーリーを追うのではなく、キャラを追うことをすすめる。
このような視点で見ると、「ニヤ!」と笑ってしまう感じになるだろう。

最後に正直な所を書けば、管理人自身も一度は「1話ぎり」しました。
しかし何か気になって改めて見てみると面白かった、という経緯を持ちます。

そのため視聴を止めた人も、ここまで書いてきた視点でもう一度見ることをおすすめします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
魔王様、リトライ! 第1巻 [Blu-ray]

→「魔王様、リトライ!」アクの名言
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク