「ゾンビランドサガ」紺野純子の名言まとめました

アニメ「ゾンビランドサガ」紺野純子の名言をまとめていきます。

ゾンビランドサガ

1話 グッドモーニングSAGA

「1980年代アイドルブームの火付け役にして、一世を風靡」
「伝説の昭和のアイドル、紺野純子!」

 

2話 I♡HIPHOP SAGA

「もう死んでますけどね」

 

3話 DEAD OR LIVE SAGA

「私、ソロならともかく、グループでの活動なんて経験ありません」

 

「アイドルは徹夜でどうにかなるものじゃない」
「それに、そんな即席のもの、お客さんに見せるべきではありません!」

 

「今日は、本当にひどいコンサートでしたけど」
「1人じゃないというのは、思ったより悪くなかったです」

4話 ウォーミング・デッド SAGA

「そもそも巽さんって何者なんですか?」

 

「まあ。お客さんに喜んでもらえたということにおいては、よかったんじゃないでしょうか」
「ですが、パフォーマンス的にはまだまだでした」
「今度は歌と踊りだけででも、お客さんの心をつかめるよう、頑張りましょう」

 

5話 君の心にナイスバード SAGA

「何だか、水着だらけの水泳大会を思い出しますね~!」
「ポロリはしてませんよ~!」

 

6話 だってセンチメンタル SAGA

「そう簡単ではありません!」
「これだけの会場で、コンサートを開くには、当然それに伴う実力が必要なんです」
「希望的観測は止めて、謙虚に一歩一歩進むべきです」

 

「つまり、ポラロイドでブロマイドを撮ると!」

 

「ステージの上からファンを魅了するのがアイドルです」
「これのどこに、アイドルがあるんですか!?」

 

「私と水野さん達とでは、ファンに支えられているの意味がまったく違うんです」
「アイドルはファンの善意に頼ってやるものではありません!」
「時代遅れはお互い様じゃないですか!」

 

「私のころは、あんな風にファンの方と個人で接することはありませんでした」
「握手会ならあったかもしれませんけど」
「でも、ステージと客席、ブラウン管とお茶の間、確かな境界線があったんです」

 

「アイドルはみなさんに夢を与える仕事」
「ファンの方に、至らぬ点を許容してもらうなんてありえません」
「少なくとも、私が見てきたアイドルは、みんなそうでした」

「かつて私が憧れたアイドルのように、自分も、憧れられる存在になりたい」
「その一心で、来る日も来る日も頑張って、ようやく自分の力を実感でき始めた」
「これからだって、そう思った矢先だったんです……」

「アイドルは誰もがなれるものじゃない。ましてやゾンビなんて言われたらなおさら」
「私の考えが邪魔になると言うのなら。源さん、私はきっとこれ以上、フランシュシュにいられません」

7話 けれどゾンビメンタル SAGA

「待って下さい! 私も行き……」

「私も、行きます! だって、アイドルだから!」
「私は、昭和のアイドル、紺野純子です!」

 

「大丈夫です。私がフォローしますから!」

 

「私たち、ゾンビですから」

 

「アイドルは笑顔を届けるものですよ!」

 

10話 NO ZOMBIE NO IDOL SAGA

「騒がしいですね」「さくらさんの心が」

 

12話 グッドモーニング アゲイン SAGA

「もう腐れ縁なんです。ゾンビなだけに」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ゾンビランドサガ SAGA.1 [Blu-ray]

 

→ゾンビランドサガ
→ゾンビランドサガ(巽幸太郎)
→ゾンビランドサガ(源さくら)
→ゾンビランドサガ(二階堂サキ)
→ゾンビランドサガ(水野愛)
→ゾンビランドサガ(ゆうぎり)
→ゾンビランドサガ(星川リリィ)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました