「うちの娘。」ラティナの名言まとめました

アニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」ラティナの名言をまとめていきます。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。

1話 青年、ちいさな娘と出会う。

「おはよ」

 

「デイル。だい、じょう、ぶ?」

 

2話 ちいさな娘、新たな生活をはじめる。

「デイル。いってらっちゃい」

 

「おかえりなちゃい」

 

「ごめんなさい。約束、守らなかったの、ごめんなさい」
「デイル、ラティナ、悪いから、怒る?」

 

「ラティナ、怖かったの。帰れない、怖かったの!」
「もう、1人になるの、嫌だよ、デイル。ラティナ、デイルと一緒にいたいよ!」

3話 青年、留守にする。

「ラティナ、がんばれる!」
「デイル、いってらっしゃい。おしごと、気をつけてね」

 

「デイル、ラティナのこと、いい子だって、家族と別なのに言ってくれたの」
「デイルが初めてだったの。デイル、ラティナの特別なの」

 

「ラティナ悪い子だってデイル知ったら、ラティナ嫌いになるよ」
「ラティナ、デイルに嫌いになられるの、怖いよ」

 

「ラティナ、寂しかったよ。でも、デイル、無事で帰ってきて、うれしいな」
「おかえりなさい!」

 

「ラティナ、デイルの部屋がいい。デイルのにおいと一緒だと安心なの」

 

4話 ちいさな娘、その『事件』。

「デイルのために、もっとたくさんいろいろなこと覚えたいの」

 

「先生、何が違うの?」
「ラティナ、魔神族はみんなと何が違うの?」

 

「何でラティナの時間だけ違うの?」
「みんなが死んじゃった後も、ラティナだけ、1人だけ残されるのなんて、嫌だよ!」

 

「違うの。ラティナ、デイルと会えてよかったの。ホントにそうなの」
「デイルはね、デイルは特別なの。そうなんだよ」

「うん。ラティナ、デイルと会えてよかったよ」
「ラティナも、デイルのこと一番大好き」

 

「ラティナは幸せなんだよ」
「ラティナ、忘れかけてたの。死ぬのは、お別れは必ずなんだって」
「ラティナ、ずっとこのままがいいって思っちゃったから、お別れが怖くなったの」

「ラティナがいま幸せなのは全部、デイルがラティナを見つけてくれたからだよ」
「ありがとう、デイル!」

5話 ちいさな娘、 雪に感激する。

「自分の働いたお金で、贈り物をしたかったの」
「デイル、受け取ってくれる?」

 

6話 幼き少女、旅に出る。

「あのね、ラティナ、今日は自分のお金でお買い物したいの」
「いつもね、もらってばっかりだから、自分のが欲しいの」

 

「ラティナ、お墓いく」
「ラグに、今すごく幸せだよって言わないとダメだから」

 

「いっぱいだよ、ラティナ。幸せだから、大丈夫だって言ったの」

 

7話 幼き少女、港町へ行く。

「初めからかけると、お料理そのものの味付けが分かりにくいんだもん」

 

「知らないとこで起きるの、ちょっとびっくりになるの」
「デイルのそばだと安心なの」

 

「あのね、ならね、デイル。手つないでいい?」

 

「ラティナ、知らないこといっぱいだね」
「魔神族のことも全然知らない。大人になるまでには分るようになるかな?」

 

「あのね、ね。旦那さんと出会えて、幸せだった?」
「それなら、よかった」

 

「デイル。いつもありがとう、大好き!」

8話 青年、故郷に着く。

「デイル。ラティナと一緒にいてくれる?」
「それならね、ラティナ、本当に大丈夫なんだよ」

 

「ラティナ。デイルのおばあちゃんでも、デイルのこと悪く言うのダメだと思うの」
「それでもね。デイルも、おばあちゃんのこと悪く言うのダメだと思うの」

 

9話 青年、弟の結婚式と幼い少女と。

「いつかデイル達とお別れしても、デイルがラティナのこと嫌いになっても」
「ラティナ今、いっぱい幸せだから。そのことを忘れないようにしておくの」

 

「それでもね、デイルはラティナの一番なの!」

 

「デイル、教えてくれたよ。笑いたくない時は、笑わなくていいんだよ!」
「ラティナ、早く大人になれたらいいのにな」

 

10話 幼き少女、クロイツに帰る。

「デイル。お願いしてもいい?」

 

「ラティナ、また、帰って来るからねぇーーー!」

 

12話 幼き少女、願う。

「ううん、大丈夫。ラティナ、お留守番ちゃんとする」

 

「ラティナ、大人になったらおっきくなるもん。まだ子供だから小さいんだもん」
「ラティナ、ちっさいまま困るよ。おっきくなりたいんだもん」

 

「デイル。ラティナ、怒ってないよ。だからね、デイル、気にしなくていいの」
「気にしなくていいの」

 

「大人になったら、ちゃんと出来るようになるはずだから」
「だから早く、大人になりたいな。そうしたら、きっと!」
「おかえりなさい、デイル」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」Blu-ray 第1巻

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました