アニメ「ダンまち」リリの名言まとめました

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」リリルカ・アーデの名言をまとめていきます。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

4話 弱者(サポーター)

「はじめまして、お兄さん。突然ですが、サポーターを探していませんか?」

ソロでダンジョンに入っているベルに対して、サポーターを申し出るリリ。
しかしこれにはある目的を持っていた。

「その方がベル様にも、都合がよろしいでしょう?」

契約金や配分を決めようと話すベルに、何も決めないことを提案するリリ。
ベルは不思議に思うが、リリは影のある声で理由を答える。

「変なの……」

今回は予想以上の稼ぎを得たが、ベルはリリと山分けにする。
今までサポーターとして不当に扱われてきたため、いつもとは違うことを感じてしまう。

5話 魔導書(グリモア)

「何が冒険者様、ですか」
「ま~、いいです。目標の金額まで後ちょっと。あのナイフも、絶対手に入れて……」

同じファミリアの冒険者から、サポーターとしてお金を巻き上げられるリリ。
ベルのナイフも盗もうとしていたが、少し心に引っ掛かってしまう。

6話 理由(リリルカ・アーデ)

「リリは冒険者が嫌いです。リリは……冒険者が嫌いです!」

弱い者として人生の全てを利用され、いたぶられてきたリリ。
その恨みは全ての冒険者に向けられ、ベルも例外では無かった。

「これだから冒険者は。でも、そうですよね」
「これは、あのお人好しのベル様を騙した報い。だとしたら、諦めも……」

ベルからナイフを盗み戻っている途中、知っている冒険者に見つかり身ぐるみ剥がされる。
さらに囮にも利用されてしまうため、今までしてきたことを思い出してしまう。

「寂しかった。誰かといたかった。必要とされたかった」
「でも、もう終わる。やっと死ねる。やっと終われる」
「何も出来ない自分を、弱い自分を、ちっぽけな自分を、価値のない自分を、寂しい自分を」
「あ~、リリはやっと、死んでしまうんですか!!」

大量のモンスターに1人囲まれるリリは、自分の死を受け入れようとする。
しかしベルの顔が浮かび、生きたいという願いを叫ぶ。

「分かりましたか! リリは悪い奴です! 盗人です!」
「ベル様に嘘ばかりつく、最低のパルゥムです!」
「それでも……それでもベル様はリリを助けるんですか!?」

ベルに助けられたリリは、今までの悪事の全てを話していく。
それでも助けると話すベルに、リリは混乱するが本当の優しさも感じていた。

7話 剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)

「はい、誓います! ベル様に、ヘスティア様に、何よりリリ自身に!」
「リリはベル様に救われました。もう決して裏切りません。裏切りたくありません」

ヘスティア・ファミリアに来たリリは、今後の覚悟を聞かれる。
リリはハッキリと答え、そしてそれは自分に向けての言葉でもある。

「ベル様のためなら、例え相手が神様だろうが何だろうが、リリは乗り越えて見せます」
「絶対、負けません!」

ヘスティアにベルには手を出さないように忠告されたリリ。
しかし諦める気は無く、逆に闘争心をむき出しにする。

8話 英雄願望(アルゴノゥト)

「御恩には必ず報います。リリは、何でもします」
「何でもしますから、ベル様を助けて……」

ベルの指示によりミノタウロスから逃げたリリだが、ロキ・ファミリアを連れて戻ってきた。
ベルのためにお願いするが、重傷のため最後まで話すことも出来なかった。

9話 鍛冶師(ヴェルフ・クロッゾ)

「えっと、そうですね~。普通?」

二つ名「リトル・ルーキー」をもらうベルだが、少し落ち込んでいた。
ヘスティアは喜んでいたが、リリにも普通としか感じなかった。

「嫌ってるに決まっています。ただベル様のお邪魔になりたくないだけです」

新しく冒険に参加する鍛冶師ヴェルフ・クロッゾに対して、敵意を持つリリ。
しかし戦いには協力するとし、ベルに対する想いを話す。

10話 怪物進呈(パス・パレード)

「いけません、押し付けられました! 怪物進呈(パス・パレード)です!」

他のファミリアが横を通過したことを不思議に思うベル。
しかしモンスターに追われており、リリは即座に状況の困難さに気づき叫ぶ。

「中層だから、でしょう……」

パス・パレードを受け、逃げても逃げてもモンスターに囲まれるベル達。
悪態をつくヴェルフに、リリは静かに現実を話していく。

「あえて、生きて帰るために。あえて、下の階層、18階層まで進む手があります」
「あくまで選択肢の一つです」
「ご決断は、パーティーのリーダーである、ベル様にお任せします」

ただでさえピンチなのに、崩落によりさらに下に落ちてしますベル達。
状況を判断したリリは、危険を承知で上ではなく下に向かうことを提案する。

13話 眷族の物語(ファミリア・ミィス)

「ベル様のお邪魔になるので、運んじゃいますよ!」
「感謝してくださいね。うちの底抜けのお人好しに!」

先程まで自分を痛めつけていた相手すら、助けていくベル。
リリは納得できないが、ベルが選んだことのため協力していく。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか Blu-ray

→ダンまち
→(劇場版)ダンまちーオリオンの矢ー
→ダンまち(ベル)
→ダンまち(ヘスティア)
→ダンまち(ヴェルフ)
・ダンまち(リュー)
→(管理人別サイト_単行本より)ダンまち
→(管理人別サイト_単行本より)ソード・オラトリア
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク