仙狐さんの「うゆん(うやん?)」が耳から離れない

「うゆん(うやん?)」とは、「世話やきキツネの仙狐さん」で仙狐さんが使っている言葉。
今回はこの言葉についていろいろ考えていく。

「うゆん」「うやん」どっち?

ピックアップしてるのに、最初から「うゆん」と「うやん」で併記しています。
これを不思議に感じたかもしれません。
しかしこれには理由があります。

まずアニメから入ったのですが、耳では「うゆん」と聞こえます。
ただweb漫画で見ると、「うやん」と書かれている。
普通に考えれば「うやん」なのだが、複数箇所を何度聞いても「うゆん」にしか聞こえない。

声優さんの滑舌の問題なのだろうか?
もしかしたらアニメ化により変わったのだろうか?
これは正直な所、いくら調べても分からなかった。

ここで注目されるのは、アニメと漫画の使用頻度の差である。
アニメでは4シーンの中で、5回言っている。
漫画では1シーンの中で、2回言っている。
アニメでは2話以降でも使われるが、漫画では2話から5話まで確認したが使われていない。
ここからアニメは、かなり漫画から脚色されているのが分かる。

実際に他のアニメでも設定が変わっているのは多い。
キャラクターの年齢が変わっていたり、性別すら変える場合がある。
ここから実際に話した時、「うやん」より「うゆん」の方を選んだのでは無いだろうか?

これは個人的な見解に過ぎないが、ここでは「うゆん」で統一する。

「うゆん」の意味と使い方は?

そもそも「うゆん」とはどういう意味で、どのような使い方をしてるのだろうか。
実はこの点も正確には分からない。

返事などで使うことが多いが、それだけではない。
また「はい」や「うん」の時、仙狐さんの場合は「うむ」になる。

ここでは実際に使っている箇所を紹介する。

「うゆん。存分に、甘やかしてくれよう」
(天界にいる仲間に、自分が中野の世話をしに行くことを話す仙狐さん)

「うゆん。今用意するのじゃ」
(帰宅してお腹を鳴らす中野を見て、食事を準備しようとする仙狐さん)

「うゆん。美味じゃ!」
(自分の作った料理がおいしくて、中野に話す仙狐さん)

「うゆん!!」
(中野に尻尾をモフられて、ゾワゾワして思わず叫んでしまう仙狐さん)

結局、こうして並べてみてもよく分からない。
あまり深く考えず、仙狐さんのよく使う口癖とするのがよさそうだ。

感想

最後に作品の紹介をする。

ブラック企業に勤め、日々疲れ切っている中野。
天界では「心の闇が、人の世を滅ぼす」として問題になっていた。
そこで中野を癒やすために選ばれたのが、神使のキツネ・仙狐さん(800歳)
仙狐さんはひたすら中野を甘やかせ、心を癒やすために奮闘する物語。

キャラクターの感じから省いてしまいそうだが、まずは実際に見て欲しい。
特に中野と同じように仕事で疲れている人には見て欲しい。
とにかく「仙狐さんが家にいて欲しい」と思うはず。

仙狐さんの声をしている、和氣あず未さんがいい。
もし違う声優がしていたら、結果は変わっていたかもしれない。

またオープニングもいい。
「シッポ振って mofumofu!!」のフレーズは、音楽付きで耳から離れない。
画像のフリフリも合わせると凶悪ですらある。

ストーリー性などを求めずに、ただ癒やされたい人におすすめの作品です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
世話やきキツネの仙狐さん Vol.1 [Blu-ray]

→世話やきキツネの仙狐さん
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク