アニメ「世話やきキツネの仙狐さん」の名言まとめました

アニメ「世話やきキツネの仙狐さん」の名言をまとめていきます。

世話やきキツネの仙狐さん

1話 存分に甘やかしてくれよう

「心の闇が、人の世を滅ぼす。そうなる前に、彼を救わねばならないね~」
「存分に、甘やかしてくれよう!」

神の世界では、ブラック企業で働き闇を抱える中野の存在が問題になる。
それを解決するために立ち上がる、神使のキツネ・仙狐さん。
癒やすために、存分に甘えさせることを宣言する。

「おかえりなのじゃ!」
「遅くまでお仕事、お疲れ様じゃ!」

終電でアパートの部屋に帰ってきた中野は、料理を作っている仙狐さんを見る。
部屋を間違えたかと思ったが、何度見ても自分の部屋。
何度も開け締めする中野に対し、何度でも優しく迎える仙狐さんだった。

「座っておれ。お主は黙って世話されてればよい」

美味しい料理を作ってもらった上、片付けもしようとする仙狐さん。
手伝おうとする中野に対し、必要ないことを優しく伝える。

「ダメになっちゃ、まずいのかな?」
「誰しもダメな所はあるじゃろう」

甘やかされるばかりで、自分がダメ男になるのではと感じる中野。
それを聞いた仙狐さんは、ダメなことも肯定する。

「むしろ、何かせねばなど思わずに、存分に甘えるがよい」
「ほれ。今日も大変だったのう!」

されることに対して、気を使うばかりの中野。
改めて甘えるだけでいいのを話し、膝をポンポン叩きトドメの一言を話す。
仙狐さんの甘やかしは止まらない。

2話 恥ずかしがらずともよいよい

「今日も帰ったら、存分に甘やかしてくれるからな!」

朝から疲れを見せて出勤する中野。
心配する仙狐さんだが、仕方なく見送ることにする。
そして帰ってきたら甘やかすことを誓うのだった。

「なんで謝るのじゃ?」
「言ったであろう。全部、わらわがしたくてしたことじゃ!」

何でもしてくれることに、「すいません」と話す中野。
それを聞いた仙狐さんは、当然のように話していく。

「よいよい。わらわの耳かきの前じゃ、みな無力よ!」

耳かきが気持ちよくて眠ってしまう中野は、またまた謝ってしまう。
仙狐さんはもちろん、笑顔で甘やかす。

「体を壊してしまってからでは、遅いのじゃぞ!」
「忙しい時こそ、むしろ寝る」
「眠りが足りぬと本来の力も出せぬし、結果、損をするものじゃ!」

仕事が忙しいことを理由に、休息も睡眠時間も足りていない中野。
仙狐さんは強く睡眠時間の大切さを訴える。

3話 おぬしが幸せならそれでよい

「そちよ」「肉じゃがが余っておるのじゃが、食べていかんかの~!」
「じゃが、じゃが!!」

独身男と耳のある少女から、どうしても怪しいと感じる高円寺。
秘策があるとして前に出る仙狐さんは、肉じゃがで懐柔しようとする。
1人暮らしの高円寺、当然の撃沈となる。

「なるほど~! 設定を重視するタイプなんですね~!」

仙狐さんをコスプレと勘違いする高円寺。
耳が動くのを不思議がるが、勝手に解釈して納得する。

「じゃが。わらわとの買い物が、お主の幸せじゃというなら」
「話は別じゃがの!」

買い物は自分に任せて家でゆっくりして欲しいと、中野の幸せを願う仙狐さん。
しかし帰り道で振り返り、笑顔で買い物を一緒にする幸せを話すのだった。

4話 なぜ休日に仕事をせねばならんのじゃ!?

「何と! なぜじゃ! なぜ休日に仕事をせねばならんのじゃ!?」
「ホント、何でなんでしょうね?」

夜遅くに帰ってきた中野は、いつにも増してボロボロの状態。
明日は日曜日なのでゆっくり休むようにと話す仙狐さんだが、明日も出社と話す中野。
驚く仙狐さんに、涙を流しながら問いかけるのだった。

「まったく。甘え下手で、むしろ手の掛かる子じゃのう!」
「そんなところもまた、かわいいのじゃが」

疲れて倒れるように寝てしまう中野。
尻尾のモフモフに包まれるようにして眠る姿を見て、かわいいと感じる仙狐さん。
明日はアラームではなく、自分が起こすと話しているが。

「わらわも二度寝しよう!」
「共に惰眠をむさぼるのじゃ!」

なかなか目覚めない中野に、甘やかすのが楽しくなってくる仙狐さん。
もう起こすのではなく、一緒に日曜日を堪能しよとするスイッチに変化してしまう。

「すまぬ、お主よ。わらわはただの動く毛玉じゃ」

家の家電を使っていく仙狐さんだが、全てが暴走?しブレーカーが落ちてしまう。
中野が帰ってきた時、真っ暗な部屋で涙を流して落ち込み自虐する。

5話 しっぽなら、わらわのがあるじゃろ?

「あ~、もう限界、限界、限界!」
「ただ猫をなでるだけの生活がしたい!」

夜にマンガを描く作業をしているが、限界を感じる高円寺。
ただ欲望のままに叫びだす。
気持ちはよく分かる。

「お主は不器用じゃのう。せっかくわらわがおるのじゃぞ」
「仕事で疲れておるのじゃから、正直にそう申して、わらわを頼ればよかろう」

心配をかけているので、しっかりしないといけないと話す中野。
仙狐さんはそんな必要はなく、もっと頼ることを伝えていく。

「それでも、お主が元気になれるんじゃったら、わらわは嬉しいのじゃ」

最近、モフモフに対して欲張り過ぎではと話す中野。
仙狐さんは笑顔で、中野が元気になることが嬉しいと話すのだった。

6話 もふりたいだけじゃろ、おぬし

「好きでよく買うんですが、遊ぶ時間が取れなくて、積まれていく一方ですね」

中野がたくさんのゲームソフトを出してきたため、驚く仙狐さん。
ゲーム好きを聞いた時、中野は悲しいことを話しだす。
ただ気持ちはよく分かり、買うことで満足してしまう。

「おかえりなさいませじゃ、あるじさま」

高円寺さんにもらったメイド服を来て、中野を迎える仙狐さん。
しかし驚く中野は混乱し、開けた扉を締めてしまう。

「少し、嬉しくての。わらわがいるのは、すっかり日常になったんじゃなと思って」

メイド服は嬉しいが、家にいる感じがせず落ち着かないと話す中野。
仙狐さんは少し驚いた後に笑顔を見せ、日常の存在になれたことを喜ぶのだった。

7話 おぬし、別のキツネの匂いがするのう

「わらわが踏んでやるのじゃ!」

今日会社で重いものを持って以来、背中が張っていると話す中野。
ほぐすと話す仙狐さんは、笑顔で踏みつけるポーズをする。
これはこれでいいかも?

「わらわの体重じゃと、程よく気持ちよいぞ~!」
「それにお主、いつも無理ばかりしておるし、そっちのけがあるのじゃろ?」
「うゆん!」

体重25キロの仙狐さんは、足で踏むのがちょうどいいことを話していく。
さらに珍しく悪い顔になり、中野を追い込み喜んでいく。

「でも、それでもいいかなって思えたんです」
「理由やきっかけがどうであれ、仙狐さんと過ごす今が幸せだから」
「きっと仙狐さんも幸せなんだろうなって」
「あの笑顔を見てると、そう思うんです」

終電を逃した中野は、シロに自宅まで送ってもらうことになる。
途中で中野の先祖と仙狐さんの関係を聞く。
しかしもし自分が代理としても、今が幸せと感じることを話す中野だった。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク