「言質、取りました。もう引っ込められませんよ!」が名言なので紹介する

「言質(げんち)、取りました。もう引っ込められませんよ!」

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」21話で、レムがスバルに話した言葉。
この時の状況など、いろいろ考えていく。

状況の説明

多くの人の協力により、何とか白鯨討伐に成功するスバル達。
しかしスバルの真の目的はエミリア達の救出であり、急いで出発しようとする。

当然、着いて行こうとするレム。
しかしスバルの剣となり盾となり戦い続けたため、とても続けて戦える状態では無い。
一緒にいた治癒術師のフェリスより、ストップが掛かってしまう。

それでも一緒に行きたいと願うレムに対し、スバルは今回だけは休むように伝える。
仕方なく引き下がるレムだが確認せずにはいられない。

「これからも、レムを隣に置いてくれますか?」

スバルは当然のこととして明言する。
それを聞いたレムが泣き笑いの表情で、からかうように話したのが今回の言葉となる。

感想と考察

レムのかわいさが非常に表現されているシーン。
しかしそれ以上に、レムにとって大きな一言でもある。

それはレムにとって、初めて未来を約束してもらえたからだ。

今までも一緒にいるが、レムが一方的にいたという印象が強い。
スバルのために戦い、何度も傷つき倒れている。
しかしスバルから戦いの協力は聞いても、未来の約束は何も聞いていない。

実際にスバルは、自分が好きなのはエミリアだということをレムに話している。
レムもそれを知りながら、ただ一緒にいたいと願っている。

レムはお願いはしても、スバルを縛るようなことは言っていない。
今回は戦いのご褒美として、少しわがままを言っている感じになる。

レムにとって大きな一歩であったことは間違いない。

時期は未定だが本作2期の放送が決まっている。
原作を知らないので楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 全9巻セット Blu-ray

→Re:ゼロから始める異世界生活
→Re:ゼロから始める異世界生活(レム)
→「スバル君は自分のことしか知らない」
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク