「スバル君は自分のことしか知らない」を考える

「スバル君は自分のことしか知らない!」
「レムが見ているスバル君のことを、スバル君がどれだけ知っているんですか!」

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」18話で、レムがスバルに話した言葉。
この時の状況など、いろいろ考えていく。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

状況の説明

「死に戻り」を繰り返しても現状を打開できないスバルは、レムに逃げることを提案する。
諦めて逃げることはスバルには似合わないとして、レムは拒否の姿勢を示す。
そして自分がどれぐらいスバルを好きなのか、どれぐらい良い所があるのかを語り続ける。

しかし自分を否定するスバルには何も届かず、自分がいかにダメな人間かを訴え続ける。
それでもスバルの良さを語り続けるレムをに、スバルは次のように叫ぶ。
「お前は分かって無いだけだ。自分のことは、自分が一番よく分かってる!」

この言葉を聞いたレムは今までと態度が一変し、大きな声を上げる。
その時に叫んだのが今回の言葉であり、表情は涙を浮かべていた。

 

感想と考察

「自分のことは、自分が一番よく分かってる」
よく言われる言葉であり、また事実であるのは間違いない。
自分が何をしてきたのか、自分が何を考えているのか。
このことについて、自分以上に知っている人はいない。

これとは逆に「なくて七癖」という言葉もある。
普段の自分は見ることが出来ず、癖などは意外と自分は知らないものである。
また相手からどのように見られ、また考えられているかも分からない。
それは相手の問題だからだ。

今回レムが叫んでいるように、落ち込んでしまうと自分しか見えなくなる。
今まで何をしてきたかの中で、ダメだったことだけを思い出す。
その結果、「自分はダメなんだ」という烙印を押す。

この気持ちは非常に分かる。自分も同じような感覚に陥ったことが何度もある。
相手が何を言おうと、正直なにも響かない。
ただ時間が経過してしまうと、自分ですら「なぜ?」と考えることが多いのも事実だ。

どんな人にも1人ぐらいは、自分を肯定してくれる人がいる。
周りの全てが自分を否定しても、その1人の言葉だけを信じることが出来れば立ち直れる。

本当にこの18話は、何度見てもレムの良さを実感する。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 全9巻セット Blu-ray

 

→Re:ゼロから始める異世界生活
→Re:ゼロから始める異世界生活(レム)
→「言質、取りました。もう引っ込められませんよ!」
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

04_ピックアップ名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました