「なせば大抵なんとかなる」を考える

「なせば大抵なんとかなる」

アニメ「結城友奈は勇者である」で主人公・結城友奈が所属する「勇者部五箇条」の一つ。
この言葉について、いろいろ考えていく。

状況の説明

讃州中学2年・結城友奈は、「勇者部」に所属する女の子。
勇者部とは「みんなのためになることを勇んで実施するクラブ」

3年の先輩・犬吠埼風は部長として、「勇者部五箇条」を決めていた。
一、挨拶はきちんと
一、なるべく諦めない
一、よく寝て、よく食べる
一、悩んだら相談!
一、なせば大抵なんとかなる

五箇条の最後に書かれているのが今回の名言となる。

感想と考察

初めてのことをする時は、緊張するものである。
またどうなるかも不安になり、心配は尽きない。
しかし終わってしまえば、「思ってたより上手くいく」ことは多い。

そのため「なせば大抵なんとかなる」は、一面の真実である。

しかし「なせば絶対なんとかなる」では、問題が大きくなる。
なんともならないことは、意外に多いからだ。
注意しないといけないのは、「なんとかなる」と思ったことだけ「大抵なんとかなる」こと。

これと同じこととして「勇者部五箇条」の一つ、「なるべく諦めない」がある。
諦めることがいいとは思わない。しかしどうしようも無いことは、諦めるのが好ましい。
これも「諦めてはいけない」と思ったことだけ、諦めないことが好ましい。
それでもあくまで「なるべく」である。

人は張り詰めると、思考の柔軟性が失われてしまう。
逃げ道が無いことも、同様の思考に陥ってしまう。

世の中には「背水の陣」のように、逃げ道を無くすことで力を発揮する例もある。
しかしそれは最後の手段であり、最初から使うのは明らかに間違っている。

人は逃げ道があるからこそ、真の意味で頑張れるのである。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
結城友奈は勇者である-結城友奈の章-Blu-ray

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク